top of page

しばらくジョギングはやめておきます

昨日一日ストレッチだけをして足を十分に休めて様子を見ました。ジョギングを始める前に比べてかなり膝周りが硬くなっているのを感じました。昔の硬い体に戻ったみたいです。やっぱり遅い速度だとはいえ、走っている時に地面からくる衝撃はそれなりに大きいものだということでしょう。


ジョギングを始めて以降、急いでバスに乗りたくて走るときなんかに膝が安定していいなと感じてはいたのですが、膝周りの硬さが取れて、痛みがなくなるまではちょっとジョギングはお休みにします。太極拳の補助として始めたものなので、本業の太極拳に影響が出るようでは本末転倒です。


右膝も少し痛むし、右の腿の付け根もちょっと違和感があります。ストレッチは十分にやったつもりなのですが、1日の休みでは回復しなかったということでしょう。


新しいことを始めると身体がそれに順応するために、関節が痛くなるのは普通にあることだと思います。太極拳を始めたばかりの人でも、膝が痛い、ということはよくあることです。そんな時は無理をしないことが一番。


十分に足を休めながら、復活できる日を待つことにします。




これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします



閲覧数:19回1件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page