top of page

胡麻豆腐を作る

一時帰国中、練習を思うようにできないので、精神修養と思って、胡麻豆腐を作ることにしました。以前一度作ったのは、「ほんまもん」というNHKの朝ドラで主人公が作っているのをみた時でした。20年以上前です。


作り方は比較的簡単なのですが、とにかく時間がかかります。炒りごまと葛を用意します。色々なレシピで確認しましたが、同量で良いようです。今回は、どちらも100グラム用意しました。


最初の作業はゴマをひたすらすります。ネリゴマを買ってくれば時間をかけずにできるのですが、自分の鍛錬だと考えて、ひたすらすり鉢に向かいます。


ゴマすりを初めて15分ぐらい経った状態がこんな感じです。これを二時間続けます。



一時間も続けているとかなりねっとりとした感じになります。そこから少しずつ水を足しながらさらに擦り続けました。


100グラムの胡麻に対して、水は800ml用意しました。少しずつ水を足して、すり鉢の隙間についた胡麻が取りやすくなるように工夫しました。


胡麻が擦り終わった後は、葛の塊をすりこぎ棒で細かく砕いて、こちらにも水を足して、ダマにならないように溶かしました。ある程度混ざったところで、すった胡麻を足して鍋に移しました。


弱火にかけて、ダマにならないようにゆっくりとヘラでかき回します。10分ぐらいすると、だんだん固まってきます。ねっとりとした状態になったところで、型に入れて冷やせば完成です。冷やす作業まで入れると四時間ぐらいかかりました。


ひたすら胡麻を吸っている間、座禅をしているのと同じような気分でした。雑念が湧いてきてもそれに振り回されないように、胡麻擂りに集中しました。精神統一ができていい気分でした。


100グラムの胡麻と葛でそこそこの大きさの胡麻豆腐が12切れできました。昨日はちょうど家族で集まっていたので、一人一つずつ食べてもらい、好評でした。胡麻豆腐を自分でd作れることを知らない人もいて、驚かれました。


時間をかけてきちんとゴマをすると、ざらつきがなく、ねっとりとした食感が楽しめます。


8月に日本に本帰国したら、たまには精神統一のために作り続けたいと思います。


ちなみに、途中から集中しすぎたせいか、写真を撮るのを忘れました。食べる前も食事の用意が忙しくてやはり写真は撮り忘れました。作る過程も、出来上がった作品もご覧いただけなくて残念です。


シンガポールでも作りたいのですが、これだけまともなすり鉢を持っていないので、ちょっと難しそうです。




これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします



閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

仕事を始めて1週間

今週の火曜日から、会社勤めを始めました。朝練をして、日によっては午前中教えて、お昼ご飯を自宅で食べて、午後から出社でした。1時から5時までが契約で定められた働く時間です。家に着くのが6時過ぎ。夕ご飯を食べて、のんびりします。 まともにオフィスで仕事をするのは本当に久しぶりなので、肩が凝りますね。周りに人がいるので、きちんとしていなければいけない。仕事がなくても、仕事をしているふりをしていないといけ

ペン習字始めました

日本に帰国する前、時間ができたら書道をやりたいと思っていました。太極拳をやるようになって、リラックスして精神統一が少しはできるようになりました。そんな精神状態をもっと突き詰めるための方法として書道を考えました。字がお世辞にも綺麗だとは言えないので、それを改善したいという思いもありました。 実際には、教室もどこへ行って良いのかわからず、教室に行く時間が取れるのかもわからず、そもそも毎朝筆を用意する余

Comments


bottom of page