top of page

また一歩前進 - 套路5000回達成

2016年の8月、入門弟子になった当時、師匠から「太極拳について語りたかったらまずは套路を5000回やるように」と先代から言われた、という話を聞かされました。師匠は、套路をやるたびにコインを貯金箱に入れて数えていたそうです。


師匠がやったことなら弟子としてやらなければいけないと思い、その時から套路の回数を記録し始めました。約6年たった今日、その目標は達成されました。年平均800回強。よくやったかな、と正直嬉しい気分です。


5000回目はちょっと特別なものにしたかったので、通常使っている音楽は使わず、静かに自分のペースで、できる限り動きに配慮して行いました。


練習内容、やった套路の回数を記録しておくことは善し悪しだとは思います。套路は量だけではなく、質も重要で、数を求めるあまり、いい加減に回数だけを重ねることは本末転倒です。


そうはいっても毎日の積み重ねは必要です。やった内容を記録していると、「あれ、これだけしかやってなかったけ?」と思うことがままあります。頭の中ではもっとやっていると思っていたのに、実際はそれよりも少ないのが普通だと思います。記録をつけていると自分がやった量をはっきりと魅せられてしまうので、さぼりたくなった時の抑止力になります。


套路を週に2,3回やっているっていう人は、多いときでそのくらい、やらないときはもっとずっと少ないことが圧倒的に多いのではないでしょうか。ほかの人にどのくらい練習をしているの、と聞かれると答えに下駄をはかせるのが人情なのかもしれません。


継続するって難しくて、頑張ってやっているときはそれなりにやっているけど、やらないときは大幅に減少してしまう、っていうのもよくあります。練習した回数の30日移動平均を計算してみるとよくわかります。


他の弟子の人たちに練習量をつけてみるとよいよ、とアドバイスしたことはあるのですが、面倒なのか、結果を見るのが怖いのか誰もしませんでした。


さてさて、これからの話ですが、もう回数にこだわるのはやめます。もっともっと「質」にこだわります。それと回数ではなく、毎日やることを重視します。50台も半ばが見えてきて、昔のように体力だけで練習を続けていくことができなくなってきました。無理をすると翌日に残ります。継続できる最大の練習量の見極めをこれからはしっかりしていきたいです。


練習の記録はこれからもつけ続けます。でも、套路の回数はできるだけ見ないようにします(もうすでに最近はあまり気にしていませんでした)。何年か先に気が付いたら10000回を超えていた、っていうのがいいですね。


ちなみに、5000回を超えたからと言って何が変わるわけでもないので、太極拳について直ちに語りたいことがあるわけではないし、今まで語ったことのないことをいきなり語ることもできません。これは通過点にしかすぎず、まだまだ修行は続きます。


お祝いにビールでもがっつり飲みたいのですが、教室に出なければいけないので、週末までは我慢します。




これからもいろいろな話題を紹介していきます。最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします




閲覧数:59回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page