top of page

体験レッスンについて

友人に、いきなり3ヶ月間の費用を前払いさせるのは敷居が高すぎると指摘され、体験レッスンをやった方が良いとアドバイスを受けました。それで悩んでいたのはこの間のブログの通りです。

そしてTwitterやアメブロでいろいろな方のフィードバックをいただきました。ご意見をくださった方々、ありがとうございます。


自分で占いもしてみました。結果、のんびりと進むことが良さそうだと確認できました。


体験レッスンをやった方が良いという考えは、友人に言われたからだけでなく、生徒さんの募集がなかなか進まないことに対する焦りも原因の一つでした。改めて考えるまでもなく、自宅でやるのだから、焦る必要なんて何もないわけです。家賃を稼ぎ出すために背伸びをする必要は全くありません。



自宅で教室をやるので、興味本位でしかない人がたくさん来てしまうのも困りもので、家族に迷惑がかかることは避けたいです。


なので、結論の一つ目。「無料」での体験レッスンは提供しません。有料にすれば少なくとも、全く興味のない人は来ることは避けられます。


結論の二つ目。友人の言う通り、どんな先生かも知らず、どんなことも学ぶかも知らないでいきなり3ヶ月前払いは確かに敷居が高いと思います。なので、1ヶ月分前払いを導入します。ただ、経理処理の観点等から、基本は3ヶ月前払いにしたいので、分割で払っていただく場合には、少し割高にします。具体的には、3ヶ月前払いならば、3万円。毎月の支払いならが、1ヶ月1万1千円(つまり3ヶ月合計では3万3千円)にします。月払いの場合には、途中でやめたくなったら次の月から費用を払う必要はありません。


結論の三つ目。それでも始める前にどんなものかを体験してみたいと言う方のために、週に一度、4回で呉式太極拳の基本的な動きを教えるコース(基礎作りコース)を設定します。料金は4回で4千円。具体的には、この間ブログで紹介したスクワットから、前後に進む

動き、左右の移動などをじっくりとやっていきます。どうしても1回だけ参加したいと言う人には、基礎作りコースに限って1回2千円で参加できることにします。


太極拳は、実は非常に積み重ねが大切なので、一般のクラスで体験をしても雰囲気以上のものは感じることができず、教室で教えている太極拳を実感することはできません。通常参加してくださっている生徒さんの足を引っ張ることにもなりかねません。


最初の募集は、2023年9月9日から毎週土曜日の午前中にします。具体的な募集は、またブログ等で発表します。


今の感じだと、初めのうちはそれほど生徒さんの数も多くなさそうなので、暇な時間は、じっくりと読書をするのと、生活費を稼ぐためにアルバイトをしようかと思って、いくつか過去に付き合いのあった会社さんに声をかけ始めました。


太極拳がのんびり、ゆっくりやることに意義があるのですから、それを教える教室も同じようにのんびり、ゆっくりやっていきます。それによって返って興味を持ってくださる方が増えるとさらに嬉しいです。




 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2023年10月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:73回0件のコメント

最新記事

すべて表示

学校の名前の由来

先日、シンガポールで教えていた生徒さんに、東京での学校の名前を何にしたのか聞かれました。「太極の小径」(英語では、Road to Taichi)だよ、と話したら、武術の学校ではなく、詩的な名前だって言われました。 自分の狙いと合致したコメントだったので、なんだか嬉しかったです。 自分が学んできた学校から独立する時って、名前はどうするのでしょう?同じ名前で、XX分校みたいな感じで場所を表すことはよく

生徒さん募集中(2024年3月)

すでにご案内の通り、本年3月からレッスンを開始します。 シンガポールで教えている時もそうだったのですが、太極拳というと、動きの遅い、年配の人向けの運動、と捉えられていることが多いようです。 私が10年にわたって学び続け、これまで教えてきた太極拳は、かなりしっかりとした足腰の運動になります。私は、以前自転車競技をやっていて、足腰には自信があったのですが、それでも始めた当時はきちんと鍛えられた感じがし

bottom of page