top of page

「基礎作りコース」の募集

すでにご案内の通り、体験レッスン的な位置付けとして、「基礎作りコース」の募集をします。


第一弾の募集の内容は、下記の通りです。4回は無理、という方は、とりあえずご連絡ください。集まりそうな人数を確認して、別枠で設定することも考えます。興味のある方がいれば、太極拳が実際にどんなふうに使えるのかの触りもやりたいと思います。


12月には、現在私が学んでいるシンガポールの太極拳教室から師匠を始め、兄弟弟子がオープニングセレモニーのために来日してくれる予定です。今回ご参加いただいた方はセレモニーにご招待します。

​開始日

​2023年9月9日(土曜日)

終了日

2023年9月30日(土曜日)

頻度

毎週土曜日、都合4レッスン

​時間

​午前9時から午後10時まで(60分)

場所

当教室鷺宮道場(住所は申込をいただいた後にお伝えします)

​内容

​基礎作り

​費用

4,000円(4レッスン分)。一度のみ参加をご希望の方は、2,000円

呉式太極拳の基本的な動きに触れながら、呉式太極拳を体験していただくためのコースです。10月から本格的に学びたいと思われている方、申込を行う前の体験としてご利用ください。


ちなみに道場の場所は、西武新宿線の鷺ノ宮駅から徒歩5分です。



具体的には、私が太極拳の一丁目1番地1号と考えるスクワットから始まって、前後の移動、左右の移動、腰の左右回転、基本姿勢である七星勢などを行います。スクワットの内容については、下記のボタンから内容をご覧ください。このブログにあるように、どんな動きであるかだけでなく、なぜそのような動きが必要なのかも合わせて説明していきます。



ご興味のある方は、ぜひお問合せください。



多くの方に呉式太極拳がなぜ「100歳まで自分の足で歩ける心と身体を作る」ことにつながるかを経験していただく機会となれば嬉しいです。



 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2023年10月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


 

閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示

学校の名前の由来

先日、シンガポールで教えていた生徒さんに、東京での学校の名前を何にしたのか聞かれました。「太極の小径」(英語では、Road to Taichi)だよ、と話したら、武術の学校ではなく、詩的な名前だって言われました。 自分の狙いと合致したコメントだったので、なんだか嬉しかったです。 自分が学んできた学校から独立する時って、名前はどうするのでしょう?同じ名前で、XX分校みたいな感じで場所を表すことはよく

生徒さん募集中(2024年3月)

すでにご案内の通り、本年3月からレッスンを開始します。 シンガポールで教えている時もそうだったのですが、太極拳というと、動きの遅い、年配の人向けの運動、と捉えられていることが多いようです。 私が10年にわたって学び続け、これまで教えてきた太極拳は、かなりしっかりとした足腰の運動になります。私は、以前自転車競技をやっていて、足腰には自信があったのですが、それでも始めた当時はきちんと鍛えられた感じがし

bottom of page