top of page

教室の特徴 ー その1

2023年10月から開校を予定している呉式太極拳教室「太極の小径」です。これから何回かにわたって、教室の特徴を紹介していきます。





日本でも太極拳はそれなりに認知されるようになってきて、色々な教室が存在します。10年前に私が太極拳教室を探していた時には、そんなにはなかったように記憶しています。ネットで検索しても、同好会みたいな感じのものが多かった記憶があります。たまたま出会った近所の教室に通うようになったのが始まりです。


その当時通っていた二つの教室の特徴を並べてみます。たまたま私が通った経験のある数少ない教室の特徴なので、他の教室が全てこうだということではありません。これらの教室に通わなけれ、今日の私は存在しないわけで、これらの教室でやっていることを否定するわけでももちろんありません。

  1. 公共の建物を借りて教室を開いていました。一つは体育館、一つは公民館でした

  2. 教室は週に一度でした

  3. 既に長い間学んでいた人たちの中にいきなり混じって学ばなければいけませんでした

  4. 基本からしっかり学ぶ、というよりは、いきなり套路を見様見真似で学びました

  5. 楊式あり、陳式あり、套路も色々なものをやっていました

  6. 主催の方を中心に割とまとまっていて、定期的にイベントがありました

今日のブログでは、まず一つ目の教室を開く場所について、呉式太極拳教室「太極の小径」の特徴を書いていきます。


教室を開くことを決めてから、どこで教室をやるかは随分悩みました。体育館や公民館を借りることも考えました。こういった公共の施設の良いところは、とにかく値段が安いことです。仮に生徒さんがそれほど集まらなくても、大きな出費につながることはありません。気楽に教室を始めることができ、仮に教室を閉めることになっても、負債が残ったりすることはありません。こういった公共の施設は、比較的弁の良いところにあるっていうのもメリットの一つだと思います。駐車場が併設されていることも多いので、車で参加される方には弁んりです。


公共施設のデメリットは、人気のある時間帯は、取り合いになる可能性があるということです。まれに公共的な性格を有したイベントがあると、そちらを優先されてしまいます。私が通っていた教室も、たまに場所が変更になることがありました。そういった変更が比較的少なかったのは主催の方が、施設の管理者と長い間にわたり関係を築いてきていたからだと思います。私のような新参者だと、なかなか希望した時間帯に定期的に貸してもらえるようになるのは難しいと感じました。


スタジオを時間単位で借りることも考えました。これも人気のある時間帯は競争が激しそうでした。費用的にも、借りたのに生徒さんが全く来なかったりすると、それなりの出費になりそうな金額になりそうでした。


専用のスタジオを持つことが理想だし、多くの太極拳教室を運営されている方が夢に見られている方法だと思います。私の自宅の近所、西武新宿線の鷺宮近辺でどんな物件があるかを探してみたことがあります。坪単価1万円程度が相場だそうです。太極拳教室を開くには最低限20坪は必要です。月額20万円。決して少ない金額ではありません。スタジオはできるだけ長方形が望ましいのですが、なかなか綺麗な長方形の部屋はありませんでした。自分が開業を目指している2023年10月にタイミングよく希望しているような物件が出てくるかどうかは未知数でした。


家族と相談をして、自宅の一部を使わせてもらえることになったのは、本当にありがたいです。この自宅を残してくれた祖父母と使うことを了承してくれた家族に感謝です。以上のような状況を考えると、教室を始めるにあたっては本当に恵まれていると思います。


自宅を使うことで、いろいろなメリットがあります。

  1. 開催する場所を固定できる

  2. 教室を開く時間を、自由に設定できる

  3. 他の教室の音に邪魔されることがない

  4. 生徒さんが集まらなくても、出費だけが増えて経営を圧迫することがない

  5. 生徒さんに支払いをお願いする費用を低めに抑えられる

いつも同じ場所でできるっていうのは、長い時間をかけて何かを学ぶのには理想だと思います。人間の記憶って、環境と結び付けられていることが多くて、套路を覚える時でも、自分の体が部屋のどちらを向いていたか、その先に何が見えたか、その時にどんな動きをしていたかを記憶していることが結構あります。最終的には、どんな場所ででもできるようになりたいのですが、初めのうちはこれが覚えることを結構支えてくれます。


時間が自由になるっていうのは、新規のレッスンを企画する時とか、個人レッスンを入れたりするときに非常に楽になります。生徒さんの希望をきちんと聞くことも可能になるので嬉しいです。多くの生徒さんが希望しているのに、施設の都合で希望を叶えられないのは、運営側としては心苦しい限りです。


経営を圧迫しないというのは、運営者の負担を減らすだけでなく、皆さんが安心して通っていただく教室環境を作り、生徒さんを集めるためだけに無理な変更をしなくて済むことにつながります。私が習ってきた伝統式の太極拳では、きちんと学んでいただくためにオンラインでのプログラムをやらないことにしています。でも、経営が苦しくなってきたら、質を無視して、生徒さんを集める方向に走りかねません。


呉式太極拳教室「太極の小径」のスタジオは、西武新宿線鷺宮駅から徒歩5分程度の場所にあります。近くには、阿佐ヶ谷、荻窪、中村橋、練馬行きのバスの停留所もあるため、西武池袋線、中央線を普段使われている方にも比較的便利です。


ちなみに車高の低い車に限定されますが、駐車場もあります。


こんな環境で、太極拳をじっくりと学んでみませんか?興味を持ってくださった方は、ぜひ、下記からお問い合わせください。







 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2023年10月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:103回3件のコメント

最新記事

すべて表示

お手玉

3 Comments


For anyone considering trying out Satosan's school: I can vouch for the quality of the teaching. I have been Satosan's student for over two years now, and I am materially stronger and stabler than I was before taking up tai chi. The training is fairly demanding, but enjoyable nevertheless, and Satosan just keeps correcting my (endless) mistakes and re-teaching what I have forgotten without showing impatience or judgment. I feel he genuinely cares about my progress, unlike many coaches who just do what they have to in order to earn the fee. If I lived in Japan, I would love to attend the school. Do give it a try!

Like
Replying to

Ell, thank you for your positive feedback. Taiji journey is a never ending one. Please keep working hard.

Like

Test2

Like
bottom of page