top of page

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。


まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。


帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないこととしてあげたのは、練習の習慣づけです。東京に戻ってくると、シンガポールの時のように練習だけしていれば良い、っていう学生気分の環境ではなくなります。色々なことが周りでおき、さまざまな誘惑がある中、太極拳の練習の時間をいかに確保するかは大きな課題です。


今まで同様、朝早く起きて、誰にも邪魔されない時間帯に、しっかりと練習する習慣を早く身につけたいと思います。


今の自分にちょうど良い言葉と出会いました。


「師父領進門、修行在個人」です。訓読をすると、「師父は門に進むを領(う)けるのみ。行を修めるは、個人においてす」、といった感じです。師匠は、修行をするための入り口に導くことを行うだけ、実際の修行は個人個人が行うものである、といった意味になります。


少なくとも套路はしっかりとできるようになりました。これから、この套路を使って、足腰だけでなく、精神的な落ち着きを手にいれ、自我に頼らないようになることが本当の修行だと考えています。


何度かこのブログでも書きましたが、私が太極拳を続けていく先には、無我の境地にだどりつくことが目標としてあります。シンガポールの修行によって、そのためのスタート地点には立てました。


これからは、太極拳の師匠だけでなく、色々な人の話を聞きながら、自分の目標に向かって、一歩一歩進んでいきます。


 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:

 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2024年4月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ペン習字始めました

日本に帰国する前、時間ができたら書道をやりたいと思っていました。太極拳をやるようになって、リラックスして精神統一が少しはできるようになりました。そんな精神状態をもっと突き詰めるための方法として書道を考えました。字がお世辞にも綺麗だとは言えないので、それを改善したいという思いもありました。 実際には、教室もどこへ行って良いのかわからず、教室に行く時間が取れるのかもわからず、そもそも毎朝筆を用意する余

常備食

シンガポールにいる時には、豚の三枚肉を茹でて醤油漬けにしたものと、酢キャベツが私の常備食でした。この二つがあるだけで、いろいろなアレンジができて、時間をかけずに肉と野菜をとることが出来ました。 日本に帰国した後も酢キャベツを作ろうと思っていたのですが、お酢を使わなくてもできる「発酵キャベツ」なるものがあるとうちの奥さんが教えてくれました。 材料は、こんな感じです。 キャベツ(新鮮なもの)…1個(正

仕事始めます

多くの人が、太極拳を教えることは「仕事」ではなく趣味だと思っているように感じます。確かに、別に仕事を持って、週末の趣味として太極拳を教えている方はたくさんいます。 自分で教室を始めてみて感じているのですが、確かに太極拳教室からのあがりだけで、教室を運営し、自分の生活を支えていくのは、大きな挑戦ではあります。 私の場合は、さまざまな幸運が重なって、挑戦をしやすい状況にはなっています。結婚が早かったこ

Comments


bottom of page