top of page

学びとるための工夫

個人レッスンを教えていて、套路を覚えるために色々な工夫をしています。


習ったことを覚える、体に覚えこませるためには、レッスンの後の反復練習は必須です。普通の人は、英単語を100個覚えても、1日後には74個を忘れてしまうそうです。

太極拳でももちろん例外ではありません。一度に10個のことを教えたとして、翌日には半分以上のことを忘れてしまうわけです。なんとか覚えようとする人は、それを防ぐために色々な工夫をします。


最も、「覚えられないー、覚えられないー」と愚痴とも文句ともつかないことを言い続ける人もたくさんいます。


結構な金額を払って個人レッスンを受けている人は、流石にそういう人は少ないです。


工夫は色々とあります。


ある生徒さんは、家に帰ったら、すぐに覚えていることをノートに書き出しています。彼女のノートを見せてもらいましがた、私が教えたことがかなりきちんとまとまっていました。私がもし太極拳の教科書を書く機会があれば、最初の原稿として使いたいぐらいでした。套路の修正を何度か加えているので、書いてある内容もしっかりしていました。


別の生徒さんは、その場で携帯にメモを打ち込んでいます。家に帰るとそのメモを見ながら練習をするそうなのですが、多くの場合、メモが不十分で、次のレッスンの時に、いくつか質問が飛んできます。


方法としては、前者の方が良さそうです。後者は、その場で言ったことを書き出せるということで、書き漏れはなさそうに感じるかもしれません。でも、書くことに夢中になってしまって、その場で頭の中に叩き込もうとする感じが薄くなります。メモにとっているから、今覚えなくてもいいや、って感じです。それと、レッスン中に私の話を聞いている時間が多くなり、練習時間が減ってしまいます。


前者は、その場でできる限り覚えようとします。同時に体にも覚えこませようとします。


以前は、うちの学校もレッスンをビデオで撮ることを許していた時期がありました。私も師匠の説明をビデオ撮影していたことがあるのですが、ビデオを回していたレッスンは、その内容をほとんど覚えていませんでした。ビデオを撮ったということで、安心してしまうのでしょう。そして、現実的には、撮ったビデオをきちんと見返すことはあまりありませんでした。


その場で話を聞くのと、ビデオを見るのとでは、真剣さも違うでしょう。


人間の記憶は、環境に依存している部分がかなりあるそうです。太極拳の場合には、この動きの時には、鏡がこの向きに見えた、とか、何色の壁が見えたとか、いう感じです。よく生徒さんにお願いしているのですが、この環境依存の記憶を改善するために、家に帰ったら、まず一度だけでも良いから、習ったことを復習して欲しいです。別の環境で、習った動きをやってみることで、記憶力はかなり上がるようです。


ただ、覚えることに真剣になりすぎると、動きが固くなることもあるので、習い始めた頃は、とにかくできる人の動きについていく、ことを主眼に練習をすることをお勧めしています。覚えるのは、動きに慣れてから、正確にするのは、動きを覚えてから、というのが私の進め方です。






 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:


 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2024年4月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:22回1件のコメント

最新記事

すべて表示

ペン習字始めました

日本に帰国する前、時間ができたら書道をやりたいと思っていました。太極拳をやるようになって、リラックスして精神統一が少しはできるようになりました。そんな精神状態をもっと突き詰めるための方法として書道を考えました。字がお世辞にも綺麗だとは言えないので、それを改善したいという思いもありました。 実際には、教室もどこへ行って良いのかわからず、教室に行く時間が取れるのかもわからず、そもそも毎朝筆を用意する余

常備食

シンガポールにいる時には、豚の三枚肉を茹でて醤油漬けにしたものと、酢キャベツが私の常備食でした。この二つがあるだけで、いろいろなアレンジができて、時間をかけずに肉と野菜をとることが出来ました。 日本に帰国した後も酢キャベツを作ろうと思っていたのですが、お酢を使わなくてもできる「発酵キャベツ」なるものがあるとうちの奥さんが教えてくれました。 材料は、こんな感じです。 キャベツ(新鮮なもの)…1個(正

仕事始めます

多くの人が、太極拳を教えることは「仕事」ではなく趣味だと思っているように感じます。確かに、別に仕事を持って、週末の趣味として太極拳を教えている方はたくさんいます。 自分で教室を始めてみて感じているのですが、確かに太極拳教室からのあがりだけで、教室を運営し、自分の生活を支えていくのは、大きな挑戦ではあります。 私の場合は、さまざまな幸運が重なって、挑戦をしやすい状況にはなっています。結婚が早かったこ

1 Comment


I would like to share my experience, in case it is helpful to anyone. I have found, over several years of attempting to learn sequences of movements--and much trial and error--that it is most helpful to me to have three ways of learning that complement each other: practice in the classroom, videos, and written notes. The practice in the classroom establishes my muscle memory--which I have found to be the most important contributor to my learning--so I try not to take too much time to write anything down while I am in class. When I am trying to learn a completely new sequence of movements, I ask my coach to take a video of my (still poor) execution of the…

Like
bottom of page