top of page

年季明け

昨日、これから自分の教室を開くにあたってかなり大きなイベントがありました。こういった学校内部のイベントが公開されることってなかなかないと思います。ぜひ最後までご覧ください。


コロナが始まって以来ずっと行われていなかった弟子の食事会が昨日2年半ぶりに行われました。20人ぐらい参加して、師匠と歓談をしました。コロナが過去のものになりつつあると感じました。


私は事前に知らされていなかったのですが、この席で、日本に自分が教室を開くことが弟子の前で公式に発表されました。今までも、僕が日本に帰って教室を開くことは師匠が生徒さんたちの前で口にしていたので、知らない人はいない状態ではありますが。


発表だけであればそれほど驚きはしなかったのですが、これも私には内緒で、師匠と学校のオーナーが弟子から開業資金を集めてくれていて、それを手渡されました。これは結構な驚きでした。そんなことをしてくれたという事実と、私ごときに他の弟子の人たちがお金を出してくれたという事実と、そして金額。決して少ない金額ではありませんでした。


発表があった時の様子です。


事前に知らされずにいきなりスピーチをしろと言われました。英語は無茶苦茶だし、しどろもどろな感じだし、恥ずかしい限りですが、何とかほかの弟子の方々の前で話をしました。声が小さくて聞き取りづらいのもすみません。


「自分は後1年しか師匠から直接は学べないけど、その間はしっかり学べるだけのことは学びたい。でも時間が限られているのは自分だけでなく、他の弟子の人たちも同じはず。師匠との時間は永遠ではない。時間を無駄にしないでほしい。」というようなことを言っています。





今まで師匠もオーナーも”Leneage”という単語をよく使ってきました。昨日の会でも”Japan Leneage”という言い方をしていました。血統という役をつけるのが普通なのかもしれませんが、系譜ということでよいように思います。


今まで学校ともいろいろなことがあり、独立した後は自分一人になるのだとなんとなく思っていましたが、独立した後も系譜を引き継ぎ、自分の後ろには一緒に学んだ人たちがいるのだと改めて感じされられた瞬間でした。


このイベントの後、かえって気分が引き締まったように思います。まだまだ技術的にも精神的にも至らない自分。とりあえず独立は許されたけど、まだまだ精進を続けなければいけないと心に誓いました。


「稽古は強かれ、情識はなかれ」です。




最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします




閲覧数:157回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ペン習字始めました

日本に帰国する前、時間ができたら書道をやりたいと思っていました。太極拳をやるようになって、リラックスして精神統一が少しはできるようになりました。そんな精神状態をもっと突き詰めるための方法として書道を考えました。字がお世辞にも綺麗だとは言えないので、それを改善したいという思いもありました。 実際には、教室もどこへ行って良いのかわからず、教室に行く時間が取れるのかもわからず、そもそも毎朝筆を用意する余

常備食

シンガポールにいる時には、豚の三枚肉を茹でて醤油漬けにしたものと、酢キャベツが私の常備食でした。この二つがあるだけで、いろいろなアレンジができて、時間をかけずに肉と野菜をとることが出来ました。 日本に帰国した後も酢キャベツを作ろうと思っていたのですが、お酢を使わなくてもできる「発酵キャベツ」なるものがあるとうちの奥さんが教えてくれました。 材料は、こんな感じです。 キャベツ(新鮮なもの)…1個(正

仕事始めます

多くの人が、太極拳を教えることは「仕事」ではなく趣味だと思っているように感じます。確かに、別に仕事を持って、週末の趣味として太極拳を教えている方はたくさんいます。 自分で教室を始めてみて感じているのですが、確かに太極拳教室からのあがりだけで、教室を運営し、自分の生活を支えていくのは、大きな挑戦ではあります。 私の場合は、さまざまな幸運が重なって、挑戦をしやすい状況にはなっています。結婚が早かったこ

Comments


bottom of page