top of page

2024年の抱負

ブログを眺めていたら、去年の正月に書いた記事が出てきました。



去年は、套路と站桩功を毎日やること、お酒を休日前しか飲まないこと、週に一冊本を読むことの三つを目標にしていました。


どれも、それなりに頑張りはしたけど、完全にやり切ったって感じではなかったです。


昨年1年間で行った套路の回数は503回、平均すると1日一回以上やったことにはなりますが、抜けている日もそれなりにありました。站桩功はもっとやらなかった日がありました。練習はそれなりにしたけど、本気でやり切れたかというと疑問が残ります。


飲酒に関しては、休肝日が増えたのは明らかでした。元々ほぼ毎日飲んでいましたが、少なくとも週2回ぐらいは飲まない日ができました。目標には届きませんでしたが、これは、自分としては大きな変化です。


読書の癖はそれなりにつきましたが、読む量がまだまだでした。中国語の本を読んでいるとどうしても時間がかかるし、日本語の本も、きちんと読もうとするとなかなか前に進んでくれません。疲れている時は、本を読んでいると眠くなりますし。


こんな2023年でしたが、今年はどうしようかと大晦日あたりから考えていました。一番最初に思いついたのは、毎朝4時に起床すると言うこと。どれだけ疲れていようと、睡眠時間が短かろうと、前日にお酒を飲んでいようと、起床するだけならできないはずはありません。朝、決められた時間に起きることで、生活のリズムを作ることができます。そのリズムが疲れるようであれば、飲酒や就寝時間といった夜の過ごし方を改善する契機にもなるでしょう。


ただ起きるだけだとつまらないので、太極拳の練習を少なくとも一つ行う、って言うのをおまけでつけます。


二つ目は、休肝日を週に三日作ると言うこと。去年の実績よりも1日多くします。シンガポールにいる間はあまり心配していないのですが、東京に戻って、お酒が手軽に手に入るようになった後、ますますこの目標を意識する必要が出てきます。


三つ目は、坐禅を始めます。太極拳を心の落ち着きとさらに結びつけるために、心の修養にもっと力を入れていきます。站桩功も短い時間でも良いから毎日やるようにします。


最後の目標ですが、今年1年間かけて、呉式太極拳教室「太極の小径」に通ってくれる生徒さんの数を15人にしたいです。少しずつ、太極拳を一緒に研究できる仲間を増やしていきたいと思います。


あとで、自分で読み返したときに、すぐにわかるように、今年の目標をまとめておきます。


  1. 毎朝4時に起きて、少なくとも一つ太極拳の練習をする

  2. 休肝日を少なくとも三日もうける

  3. 坐禅を始める。站桩功を短い時間でも良いから毎日やる

  4. 太極拳教室の仲間を15人集める


楽しい一年にしたいと思います。今年もよろしくお願いします。


 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:

 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2023年10月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page