top of page

非日常からの気づき ー 前ももと坐禅

毎日同じ生活を繰り返しているとなかなか気が付かないことも、生活のリズムが少し変わったことで気が付けることってありませんか?


私にとっては、今回のコロナ騒動はまさに非日常。っていうか、こんなものに日常的にはかかりたくないのは当たり前です。熱が出て、咳が出て、他人に移したくないから家にこもって。練習はできないし、そもそも何もやる気がしない。


結局1週間、全く練習をしませんでした。


師匠に促されてそろそろと練習を始めると、前ももの張りが気になりました。翌日にはしっかり筋肉痛でした。うちの套路は結構しっかり腰を落とさなければいけないので、やっぱり筋肉をしっかり使わされるんだなぁ、という再確認。


コロナは後遺症として倦怠感がのこるって聞いたことがありますが、私の場合には、筋肉痛で足を動かしたくないのか、倦怠感なのかよくわかりませんでした。


前ももがこれだけ張るってことは、まだしっかりと後ろに腰を下ろせていないってことだなぁ、っていうのも再確認事項。確かに片足を上げたときに少しバランスを崩したことが何度か。


前ももを楽にしたかったので、筋膜ローラーとストレッチをしっかり行うことにしました。そこで気が付いたことが、今回最大の気づきでした。


ストレッチはずいぶん前からそれなりに時間をかけてやってきました。坐禅できちんと座れるようになりたい、気分を落ち着けて座るために足に気を使わなくてもよくなりたい、とおもってやってきました。なんとなく、股関節周りが固いことが原因かなぁ、とおもって股関節のストレッチを中心にしてきました。少しずつ座るのは楽になってきたのですが、なんとなくまだまだ感がありました。


今回、前もものストレッチをやっていて、ここが固いからきちんとすわれないんだ、ってことに気が付きました。考えてみれば当たり前ですよね。胡坐って膝を折り曲げるんですから。前ももが固ければしっかりと折りたたむことができないわけです。なんでこんな簡単なことに気が付かなかったんだろう。


太極拳をやる前は自転車競技をやっていたため、前ももの筋肉は一般の人に比べるとかなり発達していて、自転車も力任せに乗っていたために筋肉もかなり固くなっていました。理学療法士さんにもっと柔らかくするように、って言われたことは確かにあるのです。


ちなみに前ももが固いと膝に痛みが来ることもあるようです。確かに私も右の膝が少し傷んでいます。


コロンブスの卵ではないですが、気づいてしまえばあたりまえ、でもそれに気が付かないってことって結構ありますよね。コロナになったおかげで一つ前進できた気分です。

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page