top of page

道場の内装が終わりました

ホームページやニュースレターでもご紹介しましたが、教室の準備も徐々に具体的な形になってきました。今日のブログでは、改めて教室に使う道場のスペースをご紹介します。


スタジオの全景はこんな感じです。



窓を広めにとったため、明るい雰囲気の道場になっています。窓が多いので、気候が良い時には、窓を開け放って外気に触れながら練習を行うことができます。


エアコンは、大きな方の窓の上に設置されます。このスペースの中に2機のエアコンを設置します。真冬でも十分暖かいとは思いますが、必要であれば、ガスヒーターも使えるようになっています。雰囲気を出すために灯油ストーブを使うのもありかと思っています。


練習している際に自分の動きを確認できるように鏡も用意しました。動きの確認のために動画を撮影した際に、すぐにそれをみんなで確認できるように、プロジェクターを映し出すスクリーンもあります。


生徒さんの荷物を置く場所です。上の段には、太極拳関連の書籍をおき、興味のある方が手に取れるようにします。書籍の貸し出しも行いたいと思っています。



生徒さん用の洗面所、着替えスペースです。会社帰りによっていただく生徒さんのために用意しました。



まだ出来上がったばかりで、これからさらに改良を加えていく予定です。例えば、「呉式太極」と書いた看板を用意します。音楽やインストラクションを流すためのスピーカーも用意します。


スタジオが出来上がると、絵に描いた餅ではなく具体化した気分になってきました。


こんなところで太極拳を学んでみてもいいな、と感じられた方、下記まで是非ご連絡ください。


Line ID: mitch34




これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします



閲覧数:60回0件のコメント

最新記事

すべて表示

学校の名前の由来

先日、シンガポールで教えていた生徒さんに、東京での学校の名前を何にしたのか聞かれました。「太極の小径」(英語では、Road to Taichi)だよ、と話したら、武術の学校ではなく、詩的な名前だって言われました。 自分の狙いと合致したコメントだったので、なんだか嬉しかったです。 自分が学んできた学校から独立する時って、名前はどうするのでしょう?同じ名前で、XX分校みたいな感じで場所を表すことはよく

生徒さん募集中(2024年3月)

すでにご案内の通り、本年3月からレッスンを開始します。 シンガポールで教えている時もそうだったのですが、太極拳というと、動きの遅い、年配の人向けの運動、と捉えられていることが多いようです。 私が10年にわたって学び続け、これまで教えてきた太極拳は、かなりしっかりとした足腰の運動になります。私は、以前自転車競技をやっていて、足腰には自信があったのですが、それでも始めた当時はきちんと鍛えられた感じがし

bottom of page