top of page

週休二日制

高校にいた頃、記憶は曖昧になってきていますが、土曜日は半日授業がありました。高校2年か3年になった時、水曜日も半ドンになり、休みが多くなったことを喜んだ記憶があります。


社会人になった時には、完全週休二日で全ての土曜日がお休みでした。自分より上の年次の人は土曜日がお休みでなかったことを経験してきた人がまだたくさんいました。ちなみに銀行が完全週休二日に移行したのは1989年だそうです。


今の太極拳教室は、勤務というほどしっかり勤怠管理があるわけではありませんが、逆に勤怠がない分、適当に休んでしまうことがしづらい感じです。今まで私の場合だと、完全にお休みなのは土曜日だけでした。



結構体に負担がかかっていた感じで、毎週木曜日あたりになるとかなりへばってきた感じがしました。先週、木曜日に体調不良で夜の最後のレッスンを早退きさせてもらった翌日、師匠などの話をして、全てのコーチが週2日休みを取ることになりました。私は、本日木曜日と土曜日になりました。ということで、本日はお休みでのんびりと過ごすことができます。


木曜日が休みで嬉しいのは、金曜日も夕方まで何もないことです。今までは、金曜日が夜9時までレッスン、土曜日がお休みで、日曜日は9時からレッスン開始、という感じだったので、夜遅くまで飲み明かすことができる日が1日もありませんでした。土曜日の夜に飲み過ぎると、過酷な日曜日がさらに過酷になりました。


今回の変更で、木曜日の夜に痛飲しても、金曜日の夕方までに回復すれば良くなりました。たまには思いっきり飲みたいこともあります。それができるようになりました。今晩はいつもよりも多めに飲む予定です。


今、シンガポールで教えている経験から、教えるのは本当に体力が必要であること、そして適度な休みが必須であることを学びました。無理をすると長続きしません。なので、自分が東京で教室を開いた時には、月曜日と火曜日はお休みにすることにしています。


太極拳みたいなゆっくりとした動きを教えるのになぜそんなに疲れるのか、って思います?まずは立ち続けていること。インストラクターは基本的にはレッスン中腰を下ろしません。そして、何度もデモを繰り返し、生徒さんが実際に動く際には1、2、3と動きに合わせて声を出してあげます。この声出しが結構体力を奪います。息が上がるような疲れ方はしませんが、じんわりくる感じですね。2レッスン、3時間これをやるとかなり体力を奪われます。個人レッスンも合わせると4レッスンある日もあるので、しっかり休むことが必要になりますね。


今晩は楽しく飲みます。飲みすぎないようにだけ気をつけたいと思います。




これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします



閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page