top of page

踵に体重をかけるのは大切

バレエのことはよくわかりません。石井久美子さんという方がどのくらいすごいかもわかっていません。ロシアで活躍をされていたということは聞きましたが。でも、足の裏の使い方については以前からYouTubeで色々と拝見して、参考にさせていただいております。



生徒さんを観察していて、体重が爪先にかかっている人、足の裏の外側にかかっている人って本当に多いです。その結果膝が痛いと言っている人も多いし、いろいろな動きをやってもらっても安定感がありません。足がぐらぐらする感じです。



足の裏は全身の体重を支えています。身体を真っ直ぐに立てた場合、足の裏が重さを支える中心は下の絵のウナというところだそうです。ふくらはぎにある2本の骨のうち内側に位置する脛骨の真下です。


親指の付け根である母指球に体重をかけると良い、という話を聞くことがありますが、母指球に最も体重をかけてしまうと前のめりの姿勢になります。


物理的に足の裏が地面に触れていて身体を支えているのは、踵、母指球、小指の付け根の3点です。しっかりとは地面に触れていないウナが体重を支える中心になると、踵と母指球で比べると、ウナからの距離が近い分、踵により体重がかかることになります。


膝痛を減らすためにも、太極拳のパフォーマンスを安定させるためにも踵にもっと体重をかけるにはどうしたら良いのだろうか、と思っていたら、このビデオを見つけました。


ビデオを見ながら実際にやってみました。足を真横に開いてはできないので、前に揃えてやってみました。つま先が前にあると体が前傾しがちで、つま先に重さがかかってしまいました。その状態で無理に踵を押そうとすると、バランスを取るために今度はお腹が前に出て、体が弓形になってしまいました。踵をしっかり押すためには、後ろにしっかりと体重を乗せられるようなきちんとした姿勢とリラックスをしてお腹に意識を集中することかな、と感じました。


踵にしっかり体重をかけるには、姿勢をよくしなければいけないし、姿勢が良くなれば自然と踵に体重がかかる、ということです。ただ、姿勢をよくするにはどうしたらよいか、ということを簡単には説明できないので、まずは踵にしっかりと体重をかけてみて、その時の自分の体の動きを感じてみる、ということになりそうです。



これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします





閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

スタジオの鏡

これから開く自分の教室のスタジオにも鏡はつけました。鏡があると、自分の姿勢や動きを確認できるので、便利です。 この間、個人レッスンをやっていたときのことですが、生徒さんと並んで鏡に向かって練習をしていました。自分で動きながら生徒さんの動きを確認できるのも鏡の良いところです。鏡がないと、一緒にやらないで、生徒さんの動きを確認しなければいけないです。習いたての生徒さんは、そうするとなかなかうまくできな

薬指

bottom of page