top of page

謙虚な姿勢

ある般若心経に関する本を読んでいて、ふと感じたことがあります。


書いてある内容は、今まで読んだ本の内容と異なっていて、なるほどな、と何度も思いました。非常に残念な感じがするのは、自分の主張をした後、それが正しく、今までの通説は間違っている、と明言してしまっていたことです。他人の業績を批判する箇所を読んでしまった後は、「なるほどな」という思いも半減してしまいました。


例えば、町中華に行ったとしましょう(シンガポールには町中華、ないです。いきたいなぁ)。美味しいなぁ、と思って食べている時、お店の方に「如何ですか?」と聞かれても、素直に「美味しいです」と答えられます。もし、お店の方が「美味しいでしょ?」と聞いてくると、なんだか美味しさを押し付けられている感じがしませんか?「他の店よりもうちの方が絶対に美味しいです」なんて主張を聞いてしまうと、せっかくの味が台無しになってしまいます。


このことは太極拳を教える時も気にしています。自分は教える立場で、当然生徒さんよりもいろいろなことがうまくできるはずです。改めて自分が上手いことを生徒さんに認めされる必要はないでしょう。ましてや他の人のやり方と比べて自分の方が優れていると主張することも意味がないと思います。というよりも、生徒さんの心象が悪くなるだけで、百害あって一利なし、という感じがします。


謙虚な姿勢を持ち続けることが重要なんだと思います。



こういったことを言うのは簡単なのですが、自分が本当にやっていないかというと自信はないです。気づかないうちにやっていることがあるのだと思います。


本当に、心から自分のやっていることに自信があれば、それを主張することも他人と比べることもなくなるのだと思います。そんな境地に辿り着けるように、無駄口は叩かず、今日も練習を続けていきます。




 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:


 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2024年4月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page