top of page

言葉にすることの大切さと難しさ

先日、すでに3年間も私から学んでくれている生徒さんの個人レッスンを行いました。すでに、108式套路を一通り学び終え、1度目の修正も終了している生徒さんです。残りの2ヶ月弱で、後半の動きの修正をもう一度やり直しています。


この生徒さん、学んだことをしっかりノートにまとめるし、自宅での練習もしっかりするので、動きはかなり良くなってきました。108式套路に関しては、基本的な動きはすでにできていています。


前回の個人レッスンの時に、修正内容を言葉にすることは、やはり難しいと感じました。


動きを修正する場合、デモを行なって、理想の動きを示し、それに近くなるように練習をしてもらう、このサークルの繰り返しをやるのが一般的ではないかと思います。場合によっては、直して欲しいところを、「ここを、こうする」みたいに強調することもあるでしょう。


自分が習っている時にも感じたことがあるのですが、これだけだと、何がおかしいのか、はっきりとはわからないことがあります。ここがおかしいかな、って思ったところも、基本的には、自分の経験に基づく主観でしかありません。仮に、その時は、うまくできて、先生がOKを出したとしても、主観って時が経つに連れてぶれてしまうことがあると思っています。


生徒さんの動きを見ていて、動いている最中の動きや、動き終わった後の最後の姿勢がなんとなくおかしい、と感じることはよくあります。ここで、理想の動きを示すのではなく、何がおかしいのか、なぜ正しくできないのか、を説明してあげられると、生徒さんの納得度合いも高くなります。


私はまだまだ経験が浅く、おかしいと感じる理由が直ちにはわからないこともあります。そんな時は、生徒さんに何度か繰り返し動きをやってもらい、なぜおかしいと感じるかの仮説をいくつか立てます。仮説は、一つだけの時もあるし、複数の時もあります。仮説を立てるときに、生徒さんが理解できるような言葉に落とす必要があります。この作業の時に、自分自身がその説明で納得できるかも、合わせて確認します。


そして、生徒さんに仮説を説明し、それを治すにはどうしたら良いかを終えします。仮説が正しく、すぐに治り、生徒さんに感心されることもあれば、仮説が間違っているため、なかなか治らないこともあります。生徒さんが頭の中では理解してくれているのですが、柔軟性や、姿勢の問題で、すぐには治らないこともあります。その場合には、すぐに治らない理由を説明して、継続すべき練習の内容を考えます。ストレッチを行えば良さそうな場合もあれば、基本高をもっと積んでいいかなければいけない場合もあります。


少しでも、理解をしてもらうために、言語化する、と言う作業は、これからもやっていきます。経験を積んで、言語化できている内容が増えれば、それだけ教える際の幅も広がっていくはずです。


ただ、同時に、自分ができるようになった時に感じた、どこをどう動かすべきか、っていう「感覚」は、言葉にしても伝わりきれないし、そもそも、体の個体差から、同じように感じたとしても、同じような動きができるとは限らない、っていう問題もあります。


老子を読んでいて、言葉で説明しきれないことはたくさんあり、全体を通じて、言葉に対する不信感がかなりあることを感じています。教えるには、言葉にしなければいけない、って今までは思ってきましたが、感覚を共有していくにはどうしたら良いか、これも自分が今後教えていくにあたって抱えていく課題になります。


教えるのは、難しいですね。難しいから、やりがいがあるのだとも言えますが。





 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:

 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2023年10月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page