top of page

褒められて感じる不安

個人レッスンで教えている生徒さんは、両手よりも少し少ないくらいの人数です。結構な金額をもらっているので、毎回、それなりに緊張して臨んでいます。グループレッスンと違って、個人の動きをしっかり見極めて、何を教えるのか、何を治さなければいけないのかを考えなければいけないので、精神的に疲れます。


半年近く教えているご夫婦がいます。年齢はちょうど私と同じぐらい、中華系のシンガポール人です。



毎週水曜日の午前中にレッスンを行います。本日のレッスンの際、普段は午前中は顔を出さない校長がひょっこり現れて、レッスンが終わったご夫婦と雑談を始めました。生徒さんはお客様なので、当然、レッスンの進み具合や、満足度合いなんかも聞いていました。


このご夫婦、それなりに満足してくださっているようで、詳細に教えてもらって、非常に満足していると答えてくれました。正直ホッとしました。良い関係は作れていると思っていたのですが、満足度あいをこちらから直接的に聞くことは今までしたことがありませんでした。


それに対して、校長から、非常に十分に経験のあるコーチで、他にもたくさんの生徒さんを持っている、きちんと教えてくれるのはわかっているが、満足してもらえて嬉しい、と言った感じの返事がありました。


これを聞いた瞬間に、なぜか不安になりました。何か言外の含みを感じた、と言うわけではなく、単純に、自分がやり残していること、もっと向上できることがあるのではないかと、感じました。


生徒さんは満足してくれていると言っても、彼らの套路の動きが十分に良いものになっているわけではありません。学び始めてからの期間がそれほど長くないので、仕方ない、と言って仕舞えばそれまでですが、学ぶプロセスだけでなく、結果で褒めてもらえるようになりたいと感じました。


私自身の経験がまだまだ十分でなく、どの程度学んだら、どの程度まで進んでいるはず、と言った尺度が十分に築けていないことも不安を感じる大きな原因です。


ともあれ、褒められて、天狗にならないようになったのは、少なくとも自分自身が成長したのだと思います。


最近はほぼ毎日個人レッスンを行なっています。一つ一つのレッスンを、手を抜かず、さらに良いものにしていきたいと思います。






 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:


 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2024年4月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ペン習字始めました

日本に帰国する前、時間ができたら書道をやりたいと思っていました。太極拳をやるようになって、リラックスして精神統一が少しはできるようになりました。そんな精神状態をもっと突き詰めるための方法として書道を考えました。字がお世辞にも綺麗だとは言えないので、それを改善したいという思いもありました。 実際には、教室もどこへ行って良いのかわからず、教室に行く時間が取れるのかもわからず、そもそも毎朝筆を用意する余

常備食

シンガポールにいる時には、豚の三枚肉を茹でて醤油漬けにしたものと、酢キャベツが私の常備食でした。この二つがあるだけで、いろいろなアレンジができて、時間をかけずに肉と野菜をとることが出来ました。 日本に帰国した後も酢キャベツを作ろうと思っていたのですが、お酢を使わなくてもできる「発酵キャベツ」なるものがあるとうちの奥さんが教えてくれました。 材料は、こんな感じです。 キャベツ(新鮮なもの)…1個(正

仕事始めます

多くの人が、太極拳を教えることは「仕事」ではなく趣味だと思っているように感じます。確かに、別に仕事を持って、週末の趣味として太極拳を教えている方はたくさんいます。 自分で教室を始めてみて感じているのですが、確かに太極拳教室からのあがりだけで、教室を運営し、自分の生活を支えていくのは、大きな挑戦ではあります。 私の場合は、さまざまな幸運が重なって、挑戦をしやすい状況にはなっています。結婚が早かったこ

Comments


bottom of page