top of page

自由を楽しめるようになる

しっかり毎日日記をつけているわけではありませんが、日々のあれこれを書くために昔からノートを使っています。営業の仕事をしていた頃は、毎日のやることリスト、打ち合わせの際のメモ、定期的に設定した目標(例えば、今月の目標)などなど、いろいろなことを書いていました。今は、その日にやる予定のことと、読書記録がメインです。


昔使っていたノートはこれ。かれこれ10年ぐらい同じノートを使っていました。日本に一時帰国した際にまとめて何冊か買っていたため、切らしたことはありませんでした。


縦横に線が引いてあるので、綺麗に整理して書くことができました。表紙が結構頑丈だったので、常に持ち運んでいても、あまり汚くなりませんでした。罫線の色が真っ黒ではなかったので、それほど気にならなかったです。半年から9ヶ月で一冊使いました。


コロナの影響で、この2年間、一時帰国ができませんでした。このノートを使い切ってしまって、シンガポールで買えないかを探してみました。シンガポールにも東急ハンズがあって、そこであったのですが、一冊1000円近くするのをみて、諦めました。元々安いノートではないのですが、流石にこの値段は払う気になりませんでした。


そこで、普通の横罫線だけのノートを使い始めたのですが、なんとなく、使いづらい。何が使いづらいかというと、上下にある余白が勿体無くて、そこに書き込みをすると、ノートの罫線と重なって読みづらい。これまでの方眼ノートは、四角いマス目をあまり意識しないで、適当な大きさで文字を書けたのですが、横罫線だけになると、なぜか罫線の間に文字を収めなければいけない気分になりました。それが理由で、文字が小さくなりました。


もっと気楽にノートを使いたいなぁ、と思っているときに出会ったのが、下のノート。そう、無地です。昔は、無地のノートってどこから書いてよいかわからないし、文字を書いても曲がってしまったり、文字の大きさが揃わなかったりで、使う気がしませんでした。


少し、心がおおらかになって、自由気ままに書きたくなったのでしょうか。今は、全く制約のないこのノートが気に入っています。横罫線の時に比べて明らかに文字が大きくなりました。重要だと思うことは、罫線に気兼ねすることなく、大きな文字で書けます。横罫線がないから書いたものが読みやすい。関係のありそうな単語をつなぐために矢印を引くのも気楽にできるし、後で見てもわかりやすいです。


自由っていいですね。でも、自由を楽しめるようになるためには、制限が加えられていることに気がついて、そこから解放されるようにならないといけないようです。昔は、横罫線が制限だなんて思いませんでした。あった方が助かると思っていたわけですから。


太極拳もそうありたいです。教えられたことをしっかり理解し、そこに制限を感じるぐらいまでになったら、少しずつ殻を破って自由にできるようにしていく。まだまだ今の自分ではできないです。どこまで崩しても呉式太極拳と呼べるものなのか、判断がつきません。崩したら師匠に叱られそうですし。


まずは、この白いノートに色々と学んだことを書き込んでいきたいと思います。





これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします



閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ペン習字始めました

日本に帰国する前、時間ができたら書道をやりたいと思っていました。太極拳をやるようになって、リラックスして精神統一が少しはできるようになりました。そんな精神状態をもっと突き詰めるための方法として書道を考えました。字がお世辞にも綺麗だとは言えないので、それを改善したいという思いもありました。 実際には、教室もどこへ行って良いのかわからず、教室に行く時間が取れるのかもわからず、そもそも毎朝筆を用意する余

常備食

シンガポールにいる時には、豚の三枚肉を茹でて醤油漬けにしたものと、酢キャベツが私の常備食でした。この二つがあるだけで、いろいろなアレンジができて、時間をかけずに肉と野菜をとることが出来ました。 日本に帰国した後も酢キャベツを作ろうと思っていたのですが、お酢を使わなくてもできる「発酵キャベツ」なるものがあるとうちの奥さんが教えてくれました。 材料は、こんな感じです。 キャベツ(新鮮なもの)…1個(正

仕事始めます

多くの人が、太極拳を教えることは「仕事」ではなく趣味だと思っているように感じます。確かに、別に仕事を持って、週末の趣味として太極拳を教えている方はたくさんいます。 自分で教室を始めてみて感じているのですが、確かに太極拳教室からのあがりだけで、教室を運営し、自分の生活を支えていくのは、大きな挑戦ではあります。 私の場合は、さまざまな幸運が重なって、挑戦をしやすい状況にはなっています。結婚が早かったこ

Comments


bottom of page