top of page

自宅待機5日目 ー ついに・・・

自宅待機も5日目になりました。朝起きてもなんとなく身体がだるく、いつになったら治るんだろう、と思いました。7時ごろに師匠からメッセージがあり、練習は続けているかと聞かれました。正直、だるさと病気を治すことを優先するという口実でここ1週間ほど全く練習をしていませんでした。免疫を高めるためにも練習を再開しようかなぁ、なんて思いながら朝ご飯を食べ、今日からできるだけ普通の生活に戻ろうと心に決めました。


そして、ARTをやってみました。結果は。。。。




見事陰性でした。まだ胸のつかえは残っていますが、これで自宅軟禁からはめでたく開放です。普通の生活に正々堂々と胸を張って戻れます。もちろん練習もします。


コロナで1週間ほどつまずきましたが、おかげさまで自分のホームページの原型を作ることもできました。バラバラだったブログも一つにまとめることができ、ヒョウタンから駒って感じです。


最近読んでいる禅の本に「あたりまえ」であることはすばらしい、と書いてありました。健康が当たり前になっていた昨今、これを機会に健康のありがたみを改めて感じ、当たり前であると思っていることに対しても感謝の気持ちを持てるようになりたいと思います。


皆様、お騒がせしました。


ちなみに、コロナにかかってからの毎日の記録は、別ブログをご覧ください。



閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page