top of page

自分ができるのと教えることができるのは別

この間、師匠も校長もいなかった時、自分が責任者として教室を進める日がありました。自分の経験として良かったのは前のブログにも書きましたが、全く別のことも学べました。


自分以外に弟弟子が3人一緒に参加していました。一人はかなり長くやっているのですが、あまり努力をしない、どちらかというと天才肌で、いろいろなことができると周りも認めているし、本人もそうだと思っている人。二人目は、努力はするけど、なかなか成長が見えない人。三人目は、比較的最近入室弟子になった人。


三人目は、経験が浅すぎて、何かを任せるのはまだまだ時期尚早って感じでした。教えられるようになるにはそれなりの経験が必要です。


二人目の人は、生徒さんの前で、こんな感じでやるんだよ、っていうデモはできるのですが、それを言葉にして説明することができませんでした。教えるのに動作の言語化っていう作業は必須で、それがまだできていない状態です。一人でクラスを任せるにはまだまだって感じです。別の機会に彼が教えている生徒さんから彼の教え方に対する感想を聞いたのですが、説明が突然飛ぶことがあって、わからなくなることがあるそうです。きちんと言語化ができていなくて、教える順序が頭の中でまだ確立されていないのでしょう。自分が習ったことを再現はできるけど、それを説明することができないわけです。


一人目の人は、天才肌だけあって、デモも説明もそつなくこなしていました。この人はこれまでそれなりに教える機会も与えられているので、さすがだな、って感じでいした。でも、十人近い生徒さんを前に、ここがおかしいから、こう直した方が良い、っていう修正の作業がまだ今ひとつって感じでした。自分が習ったことのアウトプットはできるけど、動きの分析がまだまだって感じでした。


自分もこんな成長過程を辿ってきたんだなぁ、ってこの三人をみていて感じました。自分ができるようになるのと、教えられるようになるのは違うんだって改めて思います。


往々にして、自分が理解して、できるようになると、その内容をアウトプットとして他の人に教えられると思いがちですが、そんなことは全くないですね。





 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:


 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2024年4月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ペン習字始めました

日本に帰国する前、時間ができたら書道をやりたいと思っていました。太極拳をやるようになって、リラックスして精神統一が少しはできるようになりました。そんな精神状態をもっと突き詰めるための方法として書道を考えました。字がお世辞にも綺麗だとは言えないので、それを改善したいという思いもありました。 実際には、教室もどこへ行って良いのかわからず、教室に行く時間が取れるのかもわからず、そもそも毎朝筆を用意する余

常備食

シンガポールにいる時には、豚の三枚肉を茹でて醤油漬けにしたものと、酢キャベツが私の常備食でした。この二つがあるだけで、いろいろなアレンジができて、時間をかけずに肉と野菜をとることが出来ました。 日本に帰国した後も酢キャベツを作ろうと思っていたのですが、お酢を使わなくてもできる「発酵キャベツ」なるものがあるとうちの奥さんが教えてくれました。 材料は、こんな感じです。 キャベツ(新鮮なもの)…1個(正

仕事始めます

多くの人が、太極拳を教えることは「仕事」ではなく趣味だと思っているように感じます。確かに、別に仕事を持って、週末の趣味として太極拳を教えている方はたくさんいます。 自分で教室を始めてみて感じているのですが、確かに太極拳教室からのあがりだけで、教室を運営し、自分の生活を支えていくのは、大きな挑戦ではあります。 私の場合は、さまざまな幸運が重なって、挑戦をしやすい状況にはなっています。結婚が早かったこ

Comentários


bottom of page