top of page

継続は力なり

気がついたらホームページを立ち上げて、頻繁にブログを書くようになってから3ヶ月。早いですね。ブログはそれ以前から書いていたので生活が大きく変わったわけではないです。


当初は結構不安でした。自分のホームページを見てくれる人なんているのだろうかと。以前使っていたのはアメブロだったので、なんとなくコミュニティみたいなのがあって、積極的に宣伝をしなくても、それなりに読みにきてくれる人がいました



自分個人のホームページということになると、ページに来てもらうためにいろいろなことをしなければいけないと感じました。できるだけ毎日ブログを更新する、それをSNSで紹介する、定期的にニュースレターを書く等々、色々と試みてきました。


努力が功を奏したのか、1日の平均ページ閲覧数が30を超えました。定期的に読んでいただいている皆さん、本当にありがとうございます。



少しずつ、書いた内容に反応をいただけるようになったのも嬉しいです。


この間、アレクサンダー・テクニークの本を紹介したときには、3人の方から、あの本は面白そうだ、という感想をいただきました。


昨日描いた太極拳と書道の話にもお二人から感想をいただきました。お一人は初夏を目指していたという方で、臨書に当たって悩んでいるときに、中国の先生に指導されて、太極拳と書道が似ていることを教えられたそうです。筆を持たれたときに、太極拳の動きと呼吸を意識するようになったそうです。私もペンを持ったときに、呼吸を意識するようになりました。


幸運なことに、私の教室が立ち上がる際には学んでみたいので、予定が確定したら連絡を欲しいという問い合わせもいただきました。


自分が書いたことに対して反応をいただいて、それでさらに自分も学ぶことができるのは幸せです。


毎日書き続けているといいことありますね。まさに継続は力なり、です。


自分のホームページとブログを通じて、これからも多くの方と知り合い、会話ができるようにこれからも頑張っていきます。


今後ともよろしくお願いします。



これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします



閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page