top of page

疲れの原因は睡眠不足?

昨日書いた通り、このところ疲れ気味です。どのくらい疲れているかというと、昨晩の教室の時、普段は生徒rさんが套路をやるとき、みんなが間違いなくついてこれるように、私も一緒にやります。昨晩は、疲れているので、自分たちだけでやることで覚えることにもつながる、と理屈をつけてみているだけにしようと思っていました。


単に疲れているだけでなく、コロナにかかった時のように、身体が疲労で動かない、とても重たい感じがして、まさかまたコロナに?って思ったくらいでした。


生徒さんが套路をやり始めると、今度は睡魔が襲ってきました。身体を動かさないでじっと立っていると今にも寝そうな感じ。ちなみに立ったまま寝られるのは特技の一つです(長時間ではないですが)。昔電車で通勤していた時には、吊革につかまったまま、膝がかくってすることなくしばらく寝ていることができました。


套路が三分の一に差し掛かるころには立ったまま船をこいでいるのではないかと思うぐらいになってしまいました。やばい、と思い、たまたまある生徒さんの動きが怪しかったのを見つけ、そこから套路に参加しました。


やるのも地獄、やらぬも地獄、って感じでした。套路が終わった後、やっぱりさらに疲れた感じではありましたが、レッスン中にコーチが居眠りをしていたという誹りを受けることは避けられました。


ちょうど、本日木曜日は夕方まで何も予定がない日なので、朝寝坊をすることに決めました。普段は4時ごろに起きるのを7時まで寝ました。朝ごはんを軽く食べて、そのあとも2度寝をしました。


脚はまだ重い感じがしますが、とりあえず頭はそれなりにすっきりした感じです。午後からは、のんびりとストレッチをしながら身体を柔らかくする予定です。今日は、がつがつとは練習しません。


やっぱり単純に休養が足りなかったのかなぁ、って感じがしています。昨日も書いた通り、コロナのせいにして嘆いていても前に進むことはできないので、しばらくは多めに休息をとろうかと思います。


上達するためには、練習をしなければいけない、練習をするためには休息をとらなければいけない。わかってはいるのですが、なかなか実践できていません。いつになったら学ぶのだろう。。。。



閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page