top of page

生徒さん募集中です

昨日、一昨日にご案内したような基礎固めをしながら太極拳を学ぶ呉式太極拳教室「太極の小径」。今年10月に開校予定です。



第一弾となる今年10月期の生徒さんの募集を開始しました。募集の内容は、下記の通りです。レッスンは、3ヶ月を1タームとして行なっていきます。新規の募集は3ヶ月毎に行なっていく予定です。


ゼロから一歩一歩教えていきますので、体力のない方、経験のない方でも大丈夫です。



毎週2回レッスンを行います。週一度だと足腰の基礎をしっかり作ることができないことが最大の理由です。同じ週に行うレッスンは、基本的には同じ内容にすることで、しっかり学び、内容を覚えることができるように配慮しています。また、仕事や家庭の理由でレッスンをお休みされた方が追いつきやすくするようにします。


今回の募集は、「入門1」です。足腰の基礎をしっかりと築きながら、呉式太極拳の108式套路(とうろ)の初めの3分の1を学びます。先だって説明したスクワットもここでしっかり学ぶます。


期間は12週間ですが、最終週は予備週にします。例えば、講師の体調不良である週のレッスンが休講になった場合、12週目に補講を行います。また、レッスンの進度が遅くなった場合にも12週目に補講を行うことで、予定した内容をきちんと消化するようにします。


費用は、月1万円で、3ヶ月分を前払いでお願いします。


ご質問、お問い合わせは、下記のボタンを押して、ホームページからメッセージをお送りください。


レッスンへの申し込みは、下記のボタンを押して、ホームページからお願いします。



100歳まで自分の足で歩ける心と体を一緒に作りませんか?





閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示

学校の名前の由来

先日、シンガポールで教えていた生徒さんに、東京での学校の名前を何にしたのか聞かれました。「太極の小径」(英語では、Road to Taichi)だよ、と話したら、武術の学校ではなく、詩的な名前だって言われました。 自分の狙いと合致したコメントだったので、なんだか嬉しかったです。 自分が学んできた学校から独立する時って、名前はどうするのでしょう?同じ名前で、XX分校みたいな感じで場所を表すことはよく

生徒さん募集中(2024年3月)

すでにご案内の通り、本年3月からレッスンを開始します。 シンガポールで教えている時もそうだったのですが、太極拳というと、動きの遅い、年配の人向けの運動、と捉えられていることが多いようです。 私が10年にわたって学び続け、これまで教えてきた太極拳は、かなりしっかりとした足腰の運動になります。私は、以前自転車競技をやっていて、足腰には自信があったのですが、それでも始めた当時はきちんと鍛えられた感じがし

bottom of page