top of page

生徒さんからの贈り物

私が個人レッスンを提供できることを許されてから初めての生徒さんはアメリカから来た女性でした。コロナ前からなので、3年以上になります。真面目に通ってくれて、レッスンの数は200回を超え、108式套路を一度学び終えて、もう一度初めから最後まで修正を加えることができました。


初めの頃は、自分がかなり緊張していました。結構なお金を払ってもらっているのに、きちんと教えられなくて、満足してもらえなかったらどうしよう、とか、よくないから他のコーチに変えてくれって言われたら、どうしよう、みたいなことを心配していました。もともと英語にそれほど自信があるわけではなかったので、それも心配のタネでした。


この生徒さん、バレイをやっていて、体の動かし方に関する本も色々と読んでいるので、もともとかなり知識がありました。当初から結構色々と質問されるので、回答をするのに常に頭を使うことを余儀なくされました。後になって思うと、これが私の成長に非常に良い肥やしになりました。自分が疑問に思っていなかったことに気づかせてくれて、それに対してきちんと回答を与えるようにあれこれと考える、楽なプロセスではなかったけど、本当にありがたい経験です。


この生徒さんとの出会いがなければ、今の自分はないのではないか、って思うぐらいです。


残り数レッスンとなった昨日のレッスン、贈り物と手紙を持ってきてくれました。写真の通りです。ちょっと前に、私の右の中指にペンダコがあり、その周りに万年筆のインクが付いていたのを見て、書き物をよくするのか、って会話をしたことがありました。昔からノートに万年筆にあれこれと書くのは私の癖の一つです。パソコンだけだとどうも味気がなくて。


そんな会話を覚えていてくれたのでしょう。パーカーの万年筆をいただきました。万年筆はすでに3本持っているのですが、今回いただいたのは、黒いインクで、今まで持っていない色なので、使い分けができそうです。ペン先も今まで持っているものよりも太めなので、それも良い感じです。しかも、パーカーを使うのは初めてです。


毎日使うものを送れば、自分のことを忘れず覚えてくれると思ったそうです。そんなことしなくても忘れるはずはないのですが。



手紙には、私がいなくなった後、学校は変わってしまうのではないか、ということ、そして、私の学校がうまくいくことを祈っている、ということが書いてありました。


私も定期的にシンガポールを訪問しますし、この生徒さんも日本に来る予定があるそうなので、またいくらでも会うことができると思いますし、私の東京の学校にもぜひ遊びに来るようにお願いもしました。まだまだお付き合いは続きそうです。


こういった生徒さんにたくさん会えるような学校づくりをしていきたいと思います。




 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:

 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2024年4月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page