top of page

洗濯の回数と下着の枚数

着替えないのは現在の修行は単身でシンガポールに来ているので、炊事洗濯掃除、なんでも自分でやります。炊事はもともと好きなので苦になりませんでした。掃除は、最近、きれいにすることが気分が良くて週に一度楽しくやれるようになりました。


洗濯に関しては、特に思い入れはないのですが、やっぱり天気次第です。天気が良ければすぐに乾いてくれるし、雨が降れば部屋干しになるので、半日たってもきちんとは乾かないって感じです。


洗濯は二日に1度を目処にやるようにしています。前にブログに書いた通り、洗濯物は結構多いです。太極拳の練習で汗をかくことが多いので、溜めるとにおいそうなので、まめにやるようにはしています。



練習用のTシャツやズボンは枚数を増やしたので、洗濯の感覚が少し相手も全く問題ありません。足りなくなる可能性の一番高いのは、下着です。パンツですね。枚数が決して少ないわけではないのです。12枚ありました。1日4枚はいても三日は持つだけの枚数。


練習や移動の後、汗をかくと変えるようにしていると1日5枚になることも結構あります。なんだかパンツを確保するために洗濯をしているように思えてきました。


シンガポールも光熱費が徐々に上がってきているので、洗濯の頻度をへらそうかな、って最近は思っています。そのための足かせがパンツ。。。。


洗濯の回数を減らすために汗をかいたままでいるのは嫌だし。


だったら、買い足せばいいだけですよね。洗濯の回数を減らせれば、環境にも優しいし、そもそもパンツなんてそんなに高いものでもないし。ちょっとお金を払って、光熱費を減らすことができるなら長い目で見ればプラスですし。


ちょうど今週末は連休で教室もないので、ユニクロに行って買ってくるようにします。




閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ペン習字始めました

日本に帰国する前、時間ができたら書道をやりたいと思っていました。太極拳をやるようになって、リラックスして精神統一が少しはできるようになりました。そんな精神状態をもっと突き詰めるための方法として書道を考えました。字がお世辞にも綺麗だとは言えないので、それを改善したいという思いもありました。 実際には、教室もどこへ行って良いのかわからず、教室に行く時間が取れるのかもわからず、そもそも毎朝筆を用意する余

常備食

シンガポールにいる時には、豚の三枚肉を茹でて醤油漬けにしたものと、酢キャベツが私の常備食でした。この二つがあるだけで、いろいろなアレンジができて、時間をかけずに肉と野菜をとることが出来ました。 日本に帰国した後も酢キャベツを作ろうと思っていたのですが、お酢を使わなくてもできる「発酵キャベツ」なるものがあるとうちの奥さんが教えてくれました。 材料は、こんな感じです。 キャベツ(新鮮なもの)…1個(正

仕事始めます

多くの人が、太極拳を教えることは「仕事」ではなく趣味だと思っているように感じます。確かに、別に仕事を持って、週末の趣味として太極拳を教えている方はたくさんいます。 自分で教室を始めてみて感じているのですが、確かに太極拳教室からのあがりだけで、教室を運営し、自分の生活を支えていくのは、大きな挑戦ではあります。 私の場合は、さまざまな幸運が重なって、挑戦をしやすい状況にはなっています。結婚が早かったこ

Comments


bottom of page