top of page

正しく教えるために必要なもの

体験レッスンを始める前、何が必要かを色々と考えて、かなり用意をきちんとしたつもりでしました。すでに5年間、シンガポールで教えてきているので、必要なものは揃っていると思っていましたが、やはり漏れはありました。


今日、百均に行って早速買ってきました。ひっぱり棒です。



これをどう使うのか、???という感想を持たれるのが普通だと思います。


太極拳をしていて、膝を痛めている人が多くいると、この間鷺ノ宮体育館の太極拳教室の講師の方が言っていました。膝を痛めることを防ぐために、私が教える時には、膝の使い方を丁寧に指導します。


膝とつま先の関係が重要なのですが、まずは、膝がつま先よりも前に行かないようにすること。膝がつま先よりも前に出てしまうと、膝に必要以上に圧力がかかって、膝痛の原因になります。このひっぱり棒をつま先に当てて、立てた状態にして、膝がこの棒よりも前に行かないように誘導します。


膝とつま先が同じ方向を向いていることも重要です。特に、膝がつま先よりも内側に入ってしまうと、膝を捻る原因になります。これも膝痛の大きな原因です。膝がつま先よりも前に行かなくなったら、今度は、この棒を使って、方向が一致していることを確認します。


先日の体験レッスンの時には、この棒がなかったので、口頭での説明になりましたが、自分自身、消化不良感が残りました。必要な道具はしっかり揃えないといけないです。


少し習得が進んで、相手を推すイメージを掴んでもらいたいときも、この棒が活躍します。私が肩の高さにこの棒を持って、実際に押してもらいます。相手を推す感覚を感じた上で、その感覚を失わないようにしながら套路をやってもらいます。


私自身は、これを肩のストレッチに使います。肩幅よりも少し広い幅でこの棒を持って、そのまま背中の後ろに下げます。肩甲骨周りのストレッチになります。


こんな感じで、呉式太極拳教室「太極の小径」では、怪我をしないように、きちんと基礎から教えていきます。健康のために太極拳を始めて、怪我をしてしまっては元も子もありません。正しい姿勢で動けるようになれば、怪我はしないはずです。現に、私は、毎日トレーニングを数時間やっていますが、膝痛はありません。


きちんと健康になりたいあなた、一緒に呉式太極拳をやりませんか?ご興味のある方は、下記からご連絡ください。




 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

お手玉

Comments


bottom of page