top of page

本帰国は2月9日です

先日のブログでも書きましたとおり、本帰国は2月9日です。それに向けて色々な準備をこれからしていきます。


自分の会社を畳まなければいけないし、その関連でやらなければいけないこともありますが、やらなければいけないことの大枠は大体把握できました。これからは、それを粛々と進めていくだけです。


今回のシンガポール滞在は、2015年からでした。その年から師匠について太極拳を学び始めたので、8年以上にわたり指導を受け続けたことになります。バンコクでプロジェクトがあった半年間を除いて、教室のある日は、欠かさず通い続けた感じです。個人レッスンもたくさん受けました。


当初は、太極拳ってただ単にゆっくりと体を動かすこと、程度にしか思っていませんでした。それなりに套路ができるようになった今、太極拳がなんなのかが少しはわかってきた気がします。


今回シンガポールに来る前、今まで働いてきた金融機関向けのソフトウェア提供の仕事に区切りをつけて、第二の人生を始めるつもりでした。コロナまでは、結局同じような仕事をしていましたが、それ以降は、自分が習得した太極拳を後世に伝えることを目標に、仕事を大幅に減らし、太極拳に打ち込むことができました。学ぶことに集中できる、まさに留学生のような生活でした。


学べるって、楽しいことですね。太極拳を学ぶことは、これで終わりではなく、この後もずっと続くと思っています。自分自身で少しでも向上できるように、日本に帰ってからも、研究を続けます。視野を広げて、色々な人の話を聞いてみたいです。


いよいよ本格的に第二の人生が始まろうとしています。楽しみです。


 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:

 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2023年10月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page