top of page

朋あり遠方より来たるまた楽しからずや

今から約二十五年前、脂肪肝の気がある、と言われて、運動のために自転車に乗ることにしました。ロードレーサーを買ったのですが、そのとき、たまたま自転車屋さんに居合わせて、アドバイスをしてくれた方がいます。名前は、ニンニンさん、といいます。僕が目をつかた自転車を、それはお買い得ですよ、と教えてくれました。ニンニンさんも、同じ自転車に乗っていて、その後、同じ自転車チームで、一緒に練習し、何度もレースにも行きました。


そんな四半期越しの友人がシンガポールに遊びにきてくれることになりました。私がいる間に一度は来たいと前々から話してくれていたのですが、なかなか仕事の休みが取れませんでした。私の本帰国まで残り6ヶ月となった今、それが実現することになりました。


ニンニンさん、海外旅行は二十年ぶりとのことで、飛行機や宿の手配もこちらですることにしました。わざわざ遠方から来てくれる友人に、このぐらいのことをするのは当たり前です。


二泊三日の間の行動スケジュールもこちらで作ってみました。飲むのが好きな方で、私が一時帰国をすると、かなりの頻度で一緒に飲みに行きます。シンガポールはお酒が高いのと、地元のお酒と言えるのが、タイガービールだけなので、ビールが中心になりますが、飲み中心のスケジュールになる予定です。同時にビールに合いそうな現地の食べ物を色々とトライしてもらおうと思っています。


どんな二日間になるか、今から楽しみです。このところ太極拳以外のことはほとんどやっていないので、日常と違うことが起きるのは、ワクワクしますね。


今晩、チャンギ空港までお出迎えをするところから、二泊三日の珍道中は始まります。








 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:


 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2024年4月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page