top of page

最新のスタジオの状況


開校まで8ヶ月を切った呉式太極拳教室「太極の小径」です。2024年4月に開校します。


過去に何度か紹介しましたが、スタジオの最新の状態をお知らせします。一時帰国中に、開校後に使用するのとほぼ同様の状態にして写真を撮ってきました。



スタジオの全景です。窓を大きくとって、開放的な空間にしました。フローリングも単に木目調のビニールを貼ったのではなく、裸足で歩いても本物の木の感触を感じられるようにしてあります。練習中、自分の姿勢を確認するための大きな鏡も用意しました。


職場や学校から直接来られる方のために、トイレおよび着替えのスペースもとってあります。


もちろん、エアコンも完備しています。


今まで自分が学んできた太極拳教室の経験から、自前のスタジオを練習場所として提供してくれる教室はそれほど多くはないと感じています。他の行事の予定等に左右されず、安定して教室を運営できる環境です。



今回の一時帰国の際に、すぐに読まない予定の本をかなり持ち帰りました。こんな感じで太極拳に関する本のライブラリーを用意します。会員の方には貸し出しをすることも考えています。


太極拳そのものに関する本はもちろん、太極拳を深く理解するために必要な、老子、易経、黄帝内経などに関する本も用意します。


太極拳をしっかり学ぶためには、体を動かすだけでなく、理論を学ぶことも重要だと考えています。そのための環境づくりです。



教室には、「呉式太極拳」と刻んだ看板を用意する予定です。今は、シンガポールで教えてきた生徒さんが用意してくれたこんな看板を飾っています。それほど大きなものではありませんが、白黒で太極を表すこの看板、太極拳教室だと感じられるオブジェになっています。


こんな環境で、比較的少人数のクラスで教室を行なっていきます。


足腰をしっかり鍛えて、100歳まで自分の足で歩きたい、と考えているあなた、後式太極拳教室「太極の小径」に参加してみませんか?


ご興味のある方は、是非、下記からご連絡ください。


 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:


 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2024年4月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

学校の名前の由来

先日、シンガポールで教えていた生徒さんに、東京での学校の名前を何にしたのか聞かれました。「太極の小径」(英語では、Road to Taichi)だよ、と話したら、武術の学校ではなく、詩的な名前だって言われました。 自分の狙いと合致したコメントだったので、なんだか嬉しかったです。 自分が学んできた学校から独立する時って、名前はどうするのでしょう?同じ名前で、XX分校みたいな感じで場所を表すことはよく

生徒さん募集中(2024年3月)

すでにご案内の通り、本年3月からレッスンを開始します。 シンガポールで教えている時もそうだったのですが、太極拳というと、動きの遅い、年配の人向けの運動、と捉えられていることが多いようです。 私が10年にわたって学び続け、これまで教えてきた太極拳は、かなりしっかりとした足腰の運動になります。私は、以前自転車競技をやっていて、足腰には自信があったのですが、それでも始めた当時はきちんと鍛えられた感じがし

bottom of page