top of page

普段食べないものを食べた

どこにいてもほとんどしたことがないこと、食べ物のために列に並ぶことです。シンガポールの人たちは、美味しいと評判になると、平気で長蛇の列を作る傾向があると感じています。


まともなレストランであれば、予約をすれば良いのですが、気楽に食べられるホーカセンターではそう言うわけにはいきません。食べたければ並ばなければいけません。


空いているお店が二つしかなく、一つが長蛇の列、もう一つは誰も並んでいない、という究極の状態に出会ったとしたら、私のチョイスは、誰も並んでいない方を食べるか、もしくはその場を離れて、他のホーカーへいくかです。それぐらい並ぶのは嫌です。


どうしても並んでいる店をトライしたくなったら、普通の人が行かない午後遅めの時間に、それほど列がないのを確認してからいきます。


うちの学校の近くに、ミシュランガイドに乗ったお店があります。ホーカーセンターの一角にあり、いつも長い列ができています。昔一度だけ食べたことがあります。屋台でミシュランに乗るなんてどんなところだろう、って興味はありました。


美味しくいただきましたが、並んでまでは食べないだろうなぁ、って思いました。特にこのお店、値付けがかなり強気です。周りのお店が、高くても5ドルぐらいでやっている中、普通にオーダーしても8ドル近くになります。値段を安くしようとすると、かなり量が減り、それだけでは満足できなくなります。


そんな、自分では食べることがないだろうと思っていたものを久しぶりに食べる機会がありました。学校の校長が夜ご飯として買ってきてくれたのです。学校に来る途中、ちょうど並んでいなかったから、といってました。


どんな食べ物か説明してなかったですね。いわゆるアブラーメン、みたいな感じで、汁なしで、茹でた麺に、油とソースがかかっていて、その上に、茹でた豚肉やひき肉が乗っかっています。豚レバーの茹でたものも乗っていました。食レポをやるのはあまり得意ではないので、詳しく知りたい方は、下記をご覧ください。



前にも書いたことがありますが、シンガポールの人たちは、麺類を持ち帰って自宅で食べると言うことを平気でします。時間が経つので、どうしても面が伸びます。汁っけも少なくなり、乾燥した感じになります。レストランで並んだことがないのと同じぐらい、麺類の持ち帰りは私はしません。


買ってきてくれてからすぐに食べたので、それほど悪くはなかったです。味もびっくりするほどではないけど、美味しくいただきました。でも、並んでまで、しかも普通のお店の2倍近いお金を払って自分で食べることはないですが。


久しぶりにこの麺を食べながら、シンガポールにいる間にもう一度食べておきたいもののリストでも作ろうかな、って思いました。色々とあるのですが、並ぶのが面倒臭いのと、おそらく定期的に師匠に稽古をつけてもらうために来るとは思うので、優先順位は高くないです。


結局、近所で手軽に、自分が美味しいと思えるものを、毎日食べているのが、自分にとっては一番幸せです。




 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:

 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2024年4月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page