top of page

昔通っていた教室に行ってきました

私が太極拳を始めたのは、11年前です。シンガポールから家族と一緒に日本に引き上げてきた後です。シンガポールにいる当時から、もっと地元の人に馴染みたいと思って、太極拳をやりたいと思っていたのですが、なかなか、始める機会がありませんでした。


日本に戻ってきてから、散歩をしていた時、鷺ノ宮体育館で太極拳教室をやっているというチラシを見かけました。9年前にもう一度シンガポールに渡るまで、この教室で太極拳を習いました。


近所で太極拳教室を始めるにあたって、挨拶をしておいた方が良いかと思って、久しぶりに教室にお邪魔しました。マスクをしていたので、すぐにはわかりませんでしたが、存じ上げている方がまだたくさんいました。


見学をしているだけのつもりだったのですが、せっかく来たのだから一緒に身体を動かそう、と促され、練功だけ参加しました。


久しぶりなので完全に忘れていたのと、呉式太極拳とはかなり異なる動きなので、なかなかうまくできませんでした。


練功をリードしていた方が、動きは違うけど、基礎がしっかりできているとコメントしてくださいました。そこから話が弾み始め、私が行ってきた練習や、今まで教えてきたこと、そしてこれから教室を始めることも話しました。


話のついでに、呉式の套路を見せて欲しいということになりました。呉式を学んだことのある方はもちろん、みたこともないという方がほとんどでした。


套路の初めの方を2、3分やりました。参加されていた方々がいつもやるのと違う動きを関心を持ってみていただけました。足をしっかり鍛えることができる動きになっているという印象を多くの方に持ってもらえました。まさに、自分の教室で強調したい内容だけに、見る人が見ればわかってもらえるのだと確信しました。


こんな活動をこれからも続けていって、少しでも呉式太極拳を認識してもらえるように地道に進めていきます。


 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:

 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2024年4月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ペン習字始めました

日本に帰国する前、時間ができたら書道をやりたいと思っていました。太極拳をやるようになって、リラックスして精神統一が少しはできるようになりました。そんな精神状態をもっと突き詰めるための方法として書道を考えました。字がお世辞にも綺麗だとは言えないので、それを改善したいという思いもありました。 実際には、教室もどこへ行って良いのかわからず、教室に行く時間が取れるのかもわからず、そもそも毎朝筆を用意する余

常備食

シンガポールにいる時には、豚の三枚肉を茹でて醤油漬けにしたものと、酢キャベツが私の常備食でした。この二つがあるだけで、いろいろなアレンジができて、時間をかけずに肉と野菜をとることが出来ました。 日本に帰国した後も酢キャベツを作ろうと思っていたのですが、お酢を使わなくてもできる「発酵キャベツ」なるものがあるとうちの奥さんが教えてくれました。 材料は、こんな感じです。 キャベツ(新鮮なもの)…1個(正

仕事始めます

多くの人が、太極拳を教えることは「仕事」ではなく趣味だと思っているように感じます。確かに、別に仕事を持って、週末の趣味として太極拳を教えている方はたくさんいます。 自分で教室を始めてみて感じているのですが、確かに太極拳教室からのあがりだけで、教室を運営し、自分の生活を支えていくのは、大きな挑戦ではあります。 私の場合は、さまざまな幸運が重なって、挑戦をしやすい状況にはなっています。結婚が早かったこ

Comments


bottom of page