top of page

易からの気づき - 自分は「風」

去年の後半から、毎日易を見るようにしています。何の卦が出たかを記録しているのですが、ちょっとした発見をしました。


頻繁に出ている卦は、以下の通りでした。


8回: 山

7回: 水

6回: 地

5回: 坎為水

風沢中孚


みていただいた通り、下の卦が「風」になっていることが多いのです。


「風」の卦のことを「巽」とも言います。一番したが陰で、それがその上にある2本の陽に従っている形です。そこから従順に従う、という意味が出てきます。




易では、上の卦は外界を、下の卦は、自分自身のこととして読むこことがあります。今の自分は、「風」のような存在なのでしょうか、もしくは、易が「風」のようになれ、と言っているのかもしれません。


一般的なイメージだと、「風」は去っていくイメージがあるように思います。「風と共に去りぬ」の印象が強すぎるのかもしれませんが。まさにシンガポールから去ろうとしている私と重なる部分があります。


易では、「風」はどこにでも入り込む性質を意味します。もっといろいろな人と分け隔てなく、溶け込んで入り込むように言われているような気がします。私は、もともと知らない人と話すのが苦手な性格です。意見の合わない人を避ける傾向もあります。これから学校をやっていくにあたって、それではダメだよ、というメッセージでしょう。従順で人の腹にはいりこむことができるようになっていきたいです。


「風」の卦は、体の部分では、「股」を意味します。太極拳では、腰や股の動きを特に重視します。まだまだここに対する配慮が足りないよ、と言われているのかもしれません。


易は、全部で64個の卦があります。これまで138回占いを行いました。そのうちの20%近くに当たる20回以上の下卦が「風」になる確率はかなり低いと思います。たまたまだ、と片付けてしまうのは簡単ですが、何かのメッセージがそこに隠されていて、自分の生活をそのメッセージを考えることで見直すことも易を学ぶことの意味だと思っています。


毎日占いを続けて、それを記録していると、考えてもみなかったことが発見されるものです。



 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:

 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2024年4月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page