top of page

日本での教室開設を決めた理由

せっかくシンガポールで太極拳を学んでいるんだから、シンガポールで教室を開くのもよいかもしれない、と思ったことがないわけではありません。でも、無理だという結論に辿り着きました。

私が学んでいるのは、「伝統」太極拳。一番最初に思ったのは、外国人から自分の文化の伝統を学びたいと思う人はいないだろうということ。日本の伝統文化を日本人以外の人から学ぶのに抵抗を感じる人は少なくないと思います。

この間、中華系の方とこの話をしました。シンガポールは伝統文化に対する意識がそれほど高くないから、気にすることはないのではないかといわれました。文化って、そこに属する人たちが何の違和感もなく当たり前だと思うことを共有することだと思う、自分はそこまで中華系の文化を理解していないし、できないと思う、って説明をしたらわかってくれました。


外国からいらした方で日本の伝統文化を継承できるぐらい頑張られている方は、日本に対する理解が日本人並み、あるいはそれ以上に深いなっているのだと思います。日本に完全に住み着いて、言葉も自由に操れる、そんな方なのではないかと想像します。

まず、永住の場所ですが、私の場合、ビザの関係でシンガポールに永住することは諦めています。なので、この地に骨を埋めるという覚悟ができません。永住権の申請を2度ほど行ったのですが、いずれも却下されたため、もうこれ以上追いかけることはやめました。

言葉の問題も大きいです。中国語がきちんと話せもしないで、中国伝統文化を継承するなんてあり得ない話だと思います。シンガポールは、多くの場合英語で話が通じてしまい、中国語を話す機会がそれほど多くありません。中国語の習得は何度も試みましたが、太極拳で学ばなければいけないことも多いため、これも追い求めるのをやめました。今は、資料がしっかり読めればよいということで、読解の練習だけを続けています。

そんなわけで伝統文化としての太極拳継承を諦めたのと同時に、シンガポールでの教室開設、という可能性も否定しました。シンガポールで駐在の日本人の方々を相手に教室を行うという選択肢もないわけではないのですが、駐在の方々は数年で帰国もしくは移転してしまうため、じっくり教えることはできないため、これも難しいと考えました。

シンガポール以外の海外で教える可能性も考えました。マレーシアは中華系の方がたくさん住んでいるので、シンガポールと同じ理由でボツ。インドネシアもマレーシアほどではありませんが、同じ理由に加えて、現地の言葉ができないため、ダメ。タイは、タイ語で教えることができなければダメ。タイは前回就労ビザをとった時も結構苦労しました。

こんな書き方をすると、日本で教えるのは消去法で決めたのかと思われるかもしれません。でも、積極的な理由もあるのです。日本は世界で最も高齢化の進んだ国。高齢化社会に対する準備、サポートを提供するには最も適した国です。

ちょうど今持っている就労ビザが後1年強で切れることになっています。今までなんとか工夫して延長を図ってきました。今回もコロナを理由にしてもう一年ぐらい延長をすることはできるのではないかと思っています。

あと1年半で全てのことが学び切れると思っているわけではありません。でも、ビザのこと、資金のこと等々を考えるとそろそろ限界かな、って思い始めたのが去年の年末。そこでちょっとした事件が起きました。

続きは次回に。

閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

開設準備を始めることになったきっかけ

2021年の年末、いくつか悩み事がありました。 ビザの切れるまでの後1年9ヶ月で必要なものを全部学び切れるのかという焦り。そしてもっとビザを更新できる手段を考えなければならないのではないかという思い 最低限の支出でこの2年間やってきたことからくる節約疲れ 学校のオーナー及びそのとりまき連中との確執 2019年夏頃、一つ大きなプロジェクトを終えた後は、シンガポールの就労ビザが更新できなくなるまで仕事

呉式太極拳本格トレーニング開始

2016年に師匠がご自分の教室を開かれました。この教室は、呉式太極拳のみを教えるものでした。他の流派は教えません。私の呉式太極拳のトレーニングが本格的に開始されました。 教室の開設とともに、核となる生徒を確保するため、と言う名目で、弟子の募集がありました。もっと学びたいと言う思いが強かったので、躊躇せず弟子になりました。ティー・セレモニーを経て、正式に弟子になりました。 弟子になる ー ティー・セ

呉式太極拳と出会うまで

まずは、どんな人が太極拳教室を作ろうとしているかをお話させてください。 太極拳歴は10年ほどです(2022年現在)。決して十分な経験ではありません。巷にはもっと長い間研鑽を積まれてきている方々がたくさんいます。そんな諸先輩方を差し置いて教室を開けようなんておこがましいですが、私なりの目標があるので大目に見ていただければ幸いです。 太極拳を始める前は、自転車競技とマラソンをやっていました。競争を続け

Comentários


bottom of page