top of page

新しい個人レッスン

現在自分が担当している個人レッスンは、全部で六人。週2回欠かさず来る人もいれば、飛び飛びになってしまう人もいます。


来週から、これにさらに二人加わることになりそうです。お陰様でほぼ毎日個人レッスンを通じて教える経験を積むことができます。


お一人は、グループレッスンで学ばれていた方が、もっと深く学びたいということ。この方が参加しているグループレッスンは私もずっと関わってきたので、ご本人とも何度も会話をしていて、何を目指しているのかもある程度理解できています。


もう人方は、全く新規の方です。会ったことも話したこともなく、学校から私に割り当てられました。年齢、性別、名前は知っているのですが、それ以上のことは会ってから把握することになります。


個人レッスンを始める時って、いまだに緊張します。せっかくお金と時間を投資して、個人レッスンまで受けて太極拳を学びたい、と考えてくれた人にできるだけしっかりと学んでもらって、役に立つと感じてもらいたいです。


今までどんな運動をしてきて、どんな問題を抱えていて、太極拳を通じて何をしたいのか、なんてことをまずは掴まないといけません。教え方の好みも早めに知る必要があります。基礎からじっくりやるのを好むのか、とりあえず太極拳っぽい動きができるようになることを優先するのか、によって教え方も随分変わります。個人的には前者の教え方の方が好きですが、習う人の目的が優先されるべきです。


生徒さんに早く信頼されるようになるっていうのも大きな課題です。この先生はきちんと教えてくれそうだ、と思ってもらえると話もしっかり聞いてもらえるようになりますが、きちんとした関係を作るまでにはそれなりに時間がかかります。


質問には真摯に答えて、疑問を残さない、理解してくれたことを確認しながら進む、できない理由を一緒に考える、等々当たり前のことの積み重ねで、近道はありません。来週から、そんなチャレンジをまたやっていけることに喜びを感じます。






 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:


 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2024年4月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page