top of page

教わり方の男女差

師匠も男性だし、自分も男性。師匠の教え方を見ながら教え方を習得してきた自分としては、男性的な教え方に偏るのも仕方がないとは思うのですが、そもそも本当に教え方とか習い方に男女差があるのかどうか、きちんと検証していないのでわかりません。


私が通常教える時には、まずは全体の動きはこんな感じ、ということを掴んでもらうためにデモを行い、その後、足の動きの説明、練習を行い、その後、手の動きの説明と練習。最後に手と足を合わせて全体を理解してもらいます。


今日、個人レッスンを行った女性に言われました。足と手を別々に説明されるとわからない、一緒に説明してほしいと。その方、何らかの経験があるらしく、女性は別々に説明されると後から合わせるのが難しいと話してくれました。


この話、実は初めて聞くのではありません。以前も別の女性の個人レッスンで言われたことがありました。その時は、その方の動きを把握する能力もそれほど高くないな、と思っていたので、あまり気にしませんでした。


今回の方は、体力がそれほどあるわけではないのですが、動きを説明するとその通りにできることがかなり多い方でした。きっと吸収も早いだろうなと評価していました。


そんな評価をしている人に言われると、ひょっとしたら教わり方に男女差があるのかな、と改めて考えて見る気分になりました。


女性の方が全体を見て、大掴みに把握する能力が高いのかもしれません。男性は、細かいパーツを一つ一つ組み上げていくのに長けているように思えてきました。これが本当に当てはまるかどうかは、今後さらに検証をする必要があります。女性で長い間個人レッスンを行っている方は、そんなことを言ったことはないのです。


もう一つ、男女差があるかもしれないと感じているのが、デモを見る時の立ち位置です。男性は、向かい合って、鏡に映るイメージのデモを見ても比較的容易に左右を交換できるようなのです。女性は、デモをやっている人の後ろに立って、同じ方向で見ようとすることが多いように前々から感じていました。そういえば、昔、女性は地図を自分が進む方向に回さないと理解が難しい、なんてことを書いていた本があったように思います。


まずは、そんな違いが本当にあるのかどうか、それが性別の違いによるものなのか、はたまた全く違う要因に起因することなのかをもう少し見極めていきたいと思います。


自分が学んできた教え方だけでは、きっと立ち行かなくなりそうです。もう少し視野を広げて、色々な人の学び方を体験することで、より多くの人に納得していただける教え方が習得できるのではないかと思います。


そんなことを思えるようになった今日の経験に感謝したいと思います。






 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


Line: https://lin.ee/GTZHO6k

電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Facebook: facebook.com/Komichi17

Twitter: https://twitter.com/mitch_sato?t=xjA7bq_0R62qNreVGPGR3Q&s=09

Homepage:

https://www.taikyoku-no-komichi.com/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%83%88


 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2024年4月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日のブログでも書きましたとおり、本帰国は2月9日です。それに向けて色々な準備をこれからしていきます。 自分の会社を畳まなければいけないし、その関連でやらなければいけないこともありますが、やらなければいけないことの大枠は大体把握できました。これからは、それを粛々と進めていくだけです。 今回のシンガポール滞在は、2015年からでした。その年から師匠について太極拳を学び始めたので、8年以上にわたり指導

昔、一緒に太極拳を学んでいる人から、自分で自分の問題を治せるようになれば、とりあえず一人前、という話を聞いたことがあります。後2ヶ月でシンガポール、そして師匠からの直接の指導から離れようとしている私にとっては、自分で自分の問題に気づくことができるようになっているのが、これから成長するための条件です。 人から指摘されてそれを治すのは、簡単です。自分より上手い人が自分の周りにいて、その人の言うことを素

本日、本帰国のためのフライトを予約しました。2月9日の朝の便で日本に帰ります。9年近くにわたるシンガポールでの太極拳の修行生活も区切りがつきます。 あと残り2ヶ月、と思うと、正直、学び残したことはないか、できないことはないか、って不安になります。 シンガポールの学校では、誰よりも師匠から師事を受けた時間は長いし、練習も多くしてきました。姿勢が必ずしもよくなく、柔軟性もない、言葉のハンディキャップの

bottom of page