top of page

教わり方の個人差

先日のブログで、男性と女性で教わり方が違う、という指摘を生徒さんからいただいたと書きました。


何人の方から、そうは思わない、というコメントをいただきました。


確かに、手足を別々にしないで、両方を合わせて教えてもらった方が良いという人はいます。私が教えている際に、この方法の方が良い、と話してくれたのは、二人とも女性でした。先日話をしてくれた人が、それは女性だからだ、と言ったのでそうなのだろうと、思っていました。


そうは思わないというコメントをくださった方も女性です。性別の違いではなく、個人差だ

と考えているそうです。


教わり方の違いは、分析的に物事を学ぶのが得意なのか、全体を俯瞰的に掴んで学ぶのが得意なのかによる、とこの方は話してくれました。短絡的に前者が男性的、後者が女性的、と感じる方もいるかもしれませんが、分析的に学ぶのが得意な女性もたくさんいる訳です。


私自身、何かを学ぶとき、パーツを一つ一つ組み立てて、分析をしながら学ぶ方なので、教え方もそういう傾向があります。


コメントをくださった女性は、私が個人レッスンで二年半にわたり指導をしてきた方ですが、私の教え方と自分の教わり方が同じ路線だったので、楽に学べたと言ってくれました。


改めて見返してみると、今教えている生徒さんの中にも、全体像を掴みながら学びたいのだろうな、と感じる方が何人かいます。その中には、男性も一人いました。


全体のイメージを掴んでもらって、何となく動けるようにし、それから細かいことを探っていくような教え方を、もう少し私も研究しなければいけないようです。ただ、この教え方で、私が躓きそうなのは、何度デモをしても、生徒さんが全体像を掴みきれず、何となくでも良いから動きが真似できる、というところまで辿り着けなかった場合に、どうしたら良いのか、ということです。手詰まりになって、何をして良いかわからなくなってしまうことを危惧します。


分析的に教えていて、理解してもらえない時には、さらに深く分析をした結果を披露することもできるし、別の角度から分析を加えることもできます。自分が得意な方法だから、ということはあるのでしょうが、このやり方だと、行き詰まってしまう可能性はそれほど高くないように思います。


教え方って、色々とありますね。まだまだ修行が必要です。






 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:


 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2024年4月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page