top of page

成長するための経験

経験したことのあることとないことでは、自分自身が持つことのできる自信に大きな差があると思います。今までシンガポールの教室で、自分の教室を開くためのいろいろな経験を積んできましたが、今週末、もう一つ自信が持てる経験をしました。



通常、校長、師匠と私も含めてコーチが二人で教室を回しています。何かあった時のために少なくとも二人はいるようにしています。校長と師匠は大体いつもいます。


偶然というのは重なるものです。ある土曜日、校長は私用でマレーシアにいっていました。もう一人のコーチは土曜日は別の用事があって、学校にはきません。そして、師匠がお腹を壊して、家から出ることもできない状態になりました。


普段は、他の人もいるので、何か事故があっても自分だけで対応することはないのですが、この日は、私が現場の最終責任者です。


クラスの進め方も自分で考えなければいけません。クラスの進め方については、これまでいろいろなクラスで教えてきているので問題はありません。


事故が起きないことを祈りながら、起きたら起きたで対応すればいいや、と割り切る度胸も、これまで経験ですでについていたようです。目に見えない経験の積み重ねが自信に繋がってきたことを認識できました。


来年の春からは、自分一人で東京の学校を回していかなければいけません。一人でもきっちりクラスを運営できて、一歩階段を登った気分です。


今回の経験から学んだことがもう一つ。自分の体調管理は、行き過ぎだと思うぐらいにしなければいけないと感じました。シンガポールの教室では、少なくとも誰かが倒れても、代わりがいますが、東京では、私一人。倒れたら、教室をお休みにするしかありません。食べるもの、睡眠の質、必要な休息等々、まだまだしっかりと身につけなければいけない体調管理がたくさんあります。


成長するためにいろいろな経験が降ってくる今の環境にとにかく感謝です。






 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:


 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2024年4月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ペン習字始めました

日本に帰国する前、時間ができたら書道をやりたいと思っていました。太極拳をやるようになって、リラックスして精神統一が少しはできるようになりました。そんな精神状態をもっと突き詰めるための方法として書道を考えました。字がお世辞にも綺麗だとは言えないので、それを改善したいという思いもありました。 実際には、教室もどこへ行って良いのかわからず、教室に行く時間が取れるのかもわからず、そもそも毎朝筆を用意する余

常備食

シンガポールにいる時には、豚の三枚肉を茹でて醤油漬けにしたものと、酢キャベツが私の常備食でした。この二つがあるだけで、いろいろなアレンジができて、時間をかけずに肉と野菜をとることが出来ました。 日本に帰国した後も酢キャベツを作ろうと思っていたのですが、お酢を使わなくてもできる「発酵キャベツ」なるものがあるとうちの奥さんが教えてくれました。 材料は、こんな感じです。 キャベツ(新鮮なもの)…1個(正

仕事始めます

多くの人が、太極拳を教えることは「仕事」ではなく趣味だと思っているように感じます。確かに、別に仕事を持って、週末の趣味として太極拳を教えている方はたくさんいます。 自分で教室を始めてみて感じているのですが、確かに太極拳教室からのあがりだけで、教室を運営し、自分の生活を支えていくのは、大きな挑戦ではあります。 私の場合は、さまざまな幸運が重なって、挑戦をしやすい状況にはなっています。結婚が早かったこ

Comments


bottom of page