top of page

忙しい日曜日

社会人をメインのターゲットにして教室をやっていると、どうしても週末は忙しくなります。日曜日は特に忙しいことが多いです。


今、やっとお昼休みになったので、ささっとお昼ご飯を食べて、このブログを書いています。


今朝は、8時から始まりました。推手の個人レッスンを師匠につけていただきました。推手のレッスンは、套路のそれよりも実際に相手を立てて、技をかけるので、体力的に疲れます。1時間やるとかなりの疲労感があります。


そのあと、9時半からと10時45分から、それぞれ1時間、自分が個人レッスンを行いました。デモを行い、説明し、練習をしてもらう、と繰り返しました。レッスンを終えて、スタジオのモップ掛けが終わったのは、ほぼ12時でした。


朝8時から約4時間、座ることなく、動き続けました。


昼休みは、少し長めで、午後は、2時からと4時から、グループレッスンがあります。4時からのレッスンは、自分一人で教えなければいけないので、ちょっと大変です。


夜は、のんびりビールでも飲みながら過ごせたら良いなぁ、って思っています。


教室をやっていて、こんな感じで忙しくなるのは、経営的には嬉しいことです。生徒さんがたくさん来てくれて、その結果、教える時間が増えるわけです。呉式太極拳を少しでも広めたい、他の人の健康に与したい、という思いにも応えてくれます。


ただ、教えることに時間を取られすぎると、自分の練習の時間がなくなります。事実、今日の日中は自分自身の練習を行う時間は取れません。読書をする時間も夜までないでしょう。夜、自主練をできれば良いのですが、多分その頃にはかなりくたびれてしまっているでしょう。


まさに過ぎたるは及ばざるが如し。忙しくなり過ぎて、その結果自分を向上させるための練習ができなくなってしまっては本末転倒ですね。


東京で自分の教室を始めたらどんなふうになるかなぁ、って考えもしますが、まだ生徒さんが全く集まっていない現状では、考える必要のない心配事です。


明日からは、クリスマス、年末で、グループレッスンが年明けまでお休みになります。ゆっくりと心と体を休めながら、自分自身の練習を重ねていきたいと思います。



 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:

 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2023年10月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page