top of page

外国語を読む

ここ二、三日、やっと生活が落ち着いてきた感じがします。最も、とても寒い日が続いているので、シンガポール生活が長く、その後ベトナムに行ってきた私にとっては、寒くて辛いです。


落ち着いてきたので、太極拳の練習や読書を改めて始めることができています。日常が戻ってきた感じがしてとても嬉しいです。


太極拳に関する中国語の文献を読むようにしているのですが、ふと昔、上司に言われたことを思い出しました。


その当時、私は契約書をチェックする仕事をしていました。契約書は英語で書かれたものと日本語で書かれたものがありました。私の上司に、日本語で書かれたものは英語以上に注意して読むようにとよく注意されました。普通に考えると、母国語で書かれた日本語の契約書の方が楽に読めるように思います。でも、母国語であるが故に、わかった気分でしっかり内容を把握しないで読み進めてしまうことを戒めていたのです。私は英語はそれほど堪能ではなかったので、単語一つ一つの意味を考え、前後のつながりを確認しながら読まざるを得ませんでした。読む速度は遅いのですが、きちんとメモをとりながら読むので、内容をしっかり把握できていたように感じます。


なぜこのようなことを思い出したかというと、中国語って漢字で書かれています。書かれている文字を認識できるとなんとなくわかった気分になることがあります。特に集中しないで、いい加減に読んでいる時は注意が必要です。昨晩、半分眠りこけながら読んだ文書を、今朝もう一度読み返しました。昨晩は、辞書で調べもせず読み飛ばしていた単語を、今朝は数多く辞書を引くことになりました。そして、内容が十分に理解できていないところも散見されました。


どんな文書を読むときでも、しっかりと集中することが必要だと改めて感じました。


以前のブログでも書きましたが、私が太極拳を学ぶ過程では、あまり理論を突き詰めることや、単語を丁寧に説明することはやってきませんでした。今になって、改めて本を読みながら、専門用語と自分の動きをつけ合わせている漢字です。


その作業をきちんとやるためにも、時間をかけてゆっくりと読む必要があります。でも、時間は無限にあるわけではなく、読みたい本は山積みです。早く読みたい、多く読みたい、でもしっかり理解したい、というジレンマに陥っています。一歩一歩進むしかないのはわかっていますが、焦ります。


うちの教室では、難しい言葉に頼ることなく、しっかり基礎から身体の動きを教えていきます。初心者の方でも安心してご参加ください。


ご興味のある方は、下記からぜひご連絡ください。


 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:

 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2024年4月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ペン習字始めました

日本に帰国する前、時間ができたら書道をやりたいと思っていました。太極拳をやるようになって、リラックスして精神統一が少しはできるようになりました。そんな精神状態をもっと突き詰めるための方法として書道を考えました。字がお世辞にも綺麗だとは言えないので、それを改善したいという思いもありました。 実際には、教室もどこへ行って良いのかわからず、教室に行く時間が取れるのかもわからず、そもそも毎朝筆を用意する余

常備食

シンガポールにいる時には、豚の三枚肉を茹でて醤油漬けにしたものと、酢キャベツが私の常備食でした。この二つがあるだけで、いろいろなアレンジができて、時間をかけずに肉と野菜をとることが出来ました。 日本に帰国した後も酢キャベツを作ろうと思っていたのですが、お酢を使わなくてもできる「発酵キャベツ」なるものがあるとうちの奥さんが教えてくれました。 材料は、こんな感じです。 キャベツ(新鮮なもの)…1個(正

仕事始めます

多くの人が、太極拳を教えることは「仕事」ではなく趣味だと思っているように感じます。確かに、別に仕事を持って、週末の趣味として太極拳を教えている方はたくさんいます。 自分で教室を始めてみて感じているのですが、確かに太極拳教室からのあがりだけで、教室を運営し、自分の生活を支えていくのは、大きな挑戦ではあります。 私の場合は、さまざまな幸運が重なって、挑戦をしやすい状況にはなっています。結婚が早かったこ

Comments


bottom of page