top of page

修行中に学んだこと③ - 基本功

套路を学ぶ前提となるのが、基本功です。この内容はもちろんのこと、これをきちんとやることの重要性をきちんと理解できたことも、シンガポールの修行中に学んだことです。


呉式太極拳を学び始めた頃、うちの教室では、基本功と呼ばず、一連の動きをウォームアップと読んでいました。ストレッチみたいな動きが多いので、初めのうちは通常のウォームアップと同じで、怪我を防ぐために身体を柔らかくすることが目的なんだと思ってやっていました。


その当時から、ウォームアップは全て、108式套路の中にその動きが現れている、108式套路をやらなくてもウォームアップをやれば、運動としては十分だ、と師匠が言っていたのですが、全く心に響いていませんでした。意味がわからなかった時には、比較的単純な動きを回数を繰り返すだけの、単調な作業に思えました。


全部で15くらいの動きがあります。例えば、スクワット。前にこれがどんなものかは、このブログでも紹介しました。



ただ単に膝を曲げて腰を落とすだけの動きですが、きちんとできるようになるにはかなりの時間と労力を要します。そしてこれがどれだけ大切な動作であるかを理解するためには、さらに長い時間がかかります。


108式套路ときちんと向かい合うようになって、なぜ自分の動作が安定しないかを真剣に考え始めると、基本の大切さがわかってくるのだと思います。上記のブログでも書いた通り、私自身は、このスクワットが呉式太極拳を学ぶ上での、1丁目一番地だと考えています。


大切なことではあるのですが、やはり動きが単調で、しかも足腰に負担がかかるので、生徒さんからの受けはあまりよくないです。グループレッスンの時でも、正しい動きを求めてスクワットや他の基本功をやっている人は、ほとんどいません。そういう思いで基本功をできる人は、本当に太極拳の向上を目指している人だと思います。


ただ、套路の動きをトレースするだけでなく、套路の裏側にある基本的な動き、基本功のフルセットをきちんと学び、その大切さ、どうやったら正しくなるのかを学べたことも、シンガポールで修行したことの大きな資産です。


自分の教室でも、基本はしっかり教えていきたいと思います。回り道にはなりますが、砂の楼閣を作りたくはありません。でも、大多数の生徒さんに、つまらないから嫌だ、って言われたらどうするかは、これからの課題です。






 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:

 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2024年4月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page