top of page

修行中なんだから、お酒をなんとかしなくちゃ

大学に入った頃からの習慣で、ほぼ毎日お酒を飲んできています。なんで飲むの、何が楽しいの?と聞かれると、答えに窮します。習慣と惰性で飲んでいます。


シンガポールでは、夜10時半過ぎはお酒の販売が禁止されているので、レッスンが遅くまである日は、飲まないで済んでいます。おかげさまで毎週、少なくとも2回、多い時は4回、休肝日を設けられています。これは、私にとっては画期的な変化です。


お酒を飲まなかった翌日は、気持ちよく起きられることが多いです。疲れが残っていても、頭ははっきりしているし、お酒の影響が残っているのではないことがわかっているので、単純に疲れていると判断することができます。


お酒の影響が残っていると感じると、色々なことをやるための意欲がなくなります。なんらかの理由をつけて、練習をサボります。体が疲れているだけなら良いのですが、お酒の影響が残っていると、頭がきちんと働きません。


最近は、飲んだ翌日、疲労感が抜けない感じがします。飲んでいない時は、夜中に何度か目を覚ますと、それを覚えているのですが、お酒を飲んでいる時は、目が覚めたことを覚えていません。おそらく、睡眠の質がそれほどよくなくても、気づかないでいるのだと思います。覚えていないので自分は寝たつもりになっているけど、しっかりとは寝られていない、ということを今まで繰り返してきたのではないかと感じています。


お酒を飲むと、朝練をサボる傾向がある、飲まなければ、ほぼ確実に朝練を行うことができる。うまくなりたかったら、お酒をやめれば良い、って簡単に結論が出ます。


習慣として長年続いてきたことを、完全にやめてしまう、って想像ができません。例えば、おいしい和食が目の前にあった時、お酒なし、って言うのはちょっと勿体無い気がします。程よく飲みながらの方が、食べ物の味もよくなるし、一緒に食べている人との会話も弾みます。


お花見にお酒なしっていうのも味気ないです。付き合いのお酒っていうのも必要な時はあると思います。太極拳教室を始めた後も、お祝いにお酒なしっていうのはどうかな、って感じがしますし、教室を開校する時には、パーティーをやりたいと思っているのですが、鏡割りをやりたいです。


日本全国酒飲み音頭、っていう歌をご存知の方も多いと思います。(https://www.uta-net.com/song/6620/)


お酒飲みって、よくもまあそんなに想像力が働くものだ、と感心するぐらい、飲むための理由を考えつきます。私も、今まで、色々な理由をつけてきましたが、最後は、飲みたいっていう「欲」があるだけです。


必要な時には、飲んだ方が、精神的にも、対外的にも、良いとは思います。


私に必要なのは、不必要な飲酒をやめることです。太極拳の修行と天秤にかけて、翌朝の朝練をサボるリスクを考慮して、それでも飲むことが正当化される場合にだけ、飲むようにできれば良いのです。


意志の弱い私に、そんな器用なことができるのかどうかわかりません。まずは、毎日、日記をつけているノートがあるので、飲む時には、飲む理由をそのノートに書いてから飲もうと思います。そうすることで、少なくとも飲む前に、本当に飲む必要があるのか、を考えることはできます。


例えば、週に一度、この曜日だけは飲んで良い日、って決めて、その日に向かって頑張っていけば、お酒がますます美味しくなるのは確実だと思います。


少しでも練習時間を多くできるように、まずは挑戦してみます。


ちなみに、昨晩はお酒を飲まず、今朝は4時にしっかり起きて、2時間朝練をすることができました。とても気分が良いです。




 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:

 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2023年10月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page