top of page

休講について思ったこと

大学に行っていた頃、頻繁に休講をする教授がいました。初めのうちは、休みがあって嬉しく思いましたが、あまりに頻繁に繰り返されるとその教授が教える気があるのかと疑問に思い始めたものです。学部生の授業なんてその程度の位置付けのものなのかもしれませんが。


シンガポールでは、決まった時期に、スクールホリデーと言って、公立の小中学校がお休みになる時期があります。この時期には、多くの人が国外に旅行に出かけます。当然太極拳の教室をお休みする人は増えます。


本来の参加者が6人いるはずのグループレッスンが、2人だけになってしまったりします。


参加者が少ない時、休講にすべきなのか、それとも、残された人たちのためにレッスンを行うべきなのか、について考えてみました。


休む生徒さんの立場からすると、自分いない間に新しいことを学んでほしくないので、休講にしてほしいと考える傾向があります。


休まない生徒さんの立場からすると、たまには休みがあって嬉しい、という人もいれば、少人数でできる貴重な機会なので、疑問に思っていることを解決したい、という人もいます。


教える立場からも、多くの生徒さんがいない間に新しいことを教えると、ついてこられなくなる生徒さんが出て、その人たちが戻ってきたら、もう一度同じことを繰り返さなければいけないので面倒臭い、と思う人もいます。


学校を運営する立場からすると、レッスンを行おうが行うまいが、家賃を含む固定費は発生するので、生徒さんの都合で休講にしたくない、という思いがあります。同じ日に複数回レッスンがある場合には、特にそうです。


教える立場の私としては、1人でも出てくる生徒さんがいれば、その人のために、何かその人のためになることをしてあげたいと考えます。参加できない生徒さんが分からなくなってしまうのも困るので、新しいことを教えるというよりは、過去に学んだことを掘り下げる方向にしたいです。


運営上も、一度休講をすることを認めてしまうと、休む人が多くなる度に、休講にすることを求められるようになる、という恐れもあります。


私個人としては、休む人よりは、参加し続けてくれる人を重視したいと思います。どこかの本で読んだのですが、教える立場の人は、教えてやるのだ、という見下ろす姿勢ではなく、教える機会を生徒さんからいただいている、位に思っている方が、幸せだと感じます。




 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:

 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2023年10月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page