top of page

今年の目標

正月に何も書かなかったので、旧正月を前に改めて考えてみました。



2年前はこんなことを目標にしていました。確かにこんな時期ありました。



この当時は武道家になろうとしていたんだなぁ、って思い出しました。武道家って名乗れるとなんだかかっこいいし、生徒さんの募集もしやすくなると思っていたのかぁ。ブログを読んでいて、なんだか自分の「欲」を感じます。


2年経ってみて、武道家になろうという気分は今や全くないです。太極拳を武術として学び続けること、トレーニングを続けることはし続けますが、肩書きはどうでも良くなりました。


昨日のブログにも書いた通り、武術を極めるっていうよりは、心を鍛え続けて、どんな状態でも揺らがないようになりたいです。これは1年やそこらでできる目標ではなく、一生涯かけてたどり着けるかどうかっていう話です。地道に努力を続けていきたいと思います。


では、今年は何を目指すか、ですが、「環境が変わっても練習を続けること」にします。日本に帰ってからはもちろん、シンガポールにいる間も、今までのように太極拳だけに集中できる環境がだんだんと薄れてくると思います。色々な雑音、雑事が入ってきても、それに左右されることなくきちんと練習ができるようにする姿勢を確立したいです。


過去に一時帰国した時に感じたのですが、日本には色々と誘惑があります。美味しいものを食べに行く、友達に会う、どこかへ行く、などなど、シンガポールではあまりしないことがたくさんあって、どうしても練習時間が減ります。


教室を始めれば、自分の練習時間をきちんと確保し続けることが一つの挑戦になります。


本格的に教室が始まる前にこの態度がきちんと身についていないと、教室で教えるのはシンガポールで培った資産の切り売りだけに終わってしまい、自分がそれ以上成長できなくなります。


今年、この大きな変化の中で、変わらず練習が続けられれば、この後おそらく一生続けることができるのではないかと思っています。


大きなチャレンジではありますが、きっと達成します。そのためには、まずは目先、一日、一日の練習をきちんとやります。


宮本武蔵曰く、「千日の稽古をもって鍛となし、万日の稽古をもって錬となす」これを実践できる姿勢を作ります。




これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします



閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page