top of page

予告通り!

昨日予告した通り、教室からの帰り道にあるスポーツ用品店に行ってきました。そして買ったのがこれ。


まずは、ジョギング・シューズ。50ドルほど。そこが熱くサポートがしっかりしてそうなところだけを見ました。あとは、色です。色が気に入りました。


それから肩掛けのポーチ。20ドル。走るときに、少なくとも財布、小銭入れ、携帯は入れなければいけないので、しっかりとものが入るスペースがあるものを選びました。


一番手前のは、なにかご存じでしょうか?バランスボードです。板の下に、丸い突起がついています。板の上に立ってバランス感覚を養うものです。体の力が抜けていないとなかなかうまくできないという、太極拳をやる人は挑戦してみるといいアイテムです。バランスを崩しそうになるとすかさず力加減の調整を入れる必要があります。その兆候を感じるためには全身の筋肉をリラックスさえておく必要があります。バランスを維持するためにしっかり力を入れて立とうとするのは逆効果です。


ずいぶん前に一度買ったのですが、5月に東京に一時帰国した際に持って行って、帰りの荷物に入り切らなくなったので、そのまま東京に残してきたものです。立っている状態では既にできるのですが、今回は座っている状態でもできるように練習をしていきたいと思っています。


さて、昨日は、午前中に個人レッスンがひとつありました。午前9時過ぎにうちを出て、歩いて教室に向かいました。この時すでに心境の変化がありました。今まではただなんとなく歩いていただけでした。バス代が浮くし、というぐらいの感じ。大した金額ではないんですけどね。


昨日は、ジョギングを始めるのであれば、歩くときも早歩きにしようと思って、手をきちんと振って、膝をあまり曲げないようにしながら、しっかりと歩きました。いつもよりも汗をかきました。


個人レッスンが終わった後、家に帰る道すがら、スポーツ用品店によって買い物をしました。


家に帰って、買ったものを確認して、お昼を食べて、少し休んで、ストレッチをして、本を読んでと結構いろんなことをした後、夕方の教室に向かいました。これが私の久しぶりのジョギングとなりました。


今回が2回目のシンガポール滞在になるのですが、この2回目が始まった8年前、シンガポールに来る時には既にジョギング・シューズは持ってこなかったので、少なくとも過去8年間はジョギングはしていません。


走り始めは意外と軽快でした。歩くよりも少し速い程度のスピードを維持することだけを意識して、教室に向かって走りました。気にしたくなかったのであえて時間を測ることはしませんでした。とにかく、自分の体と相談しながらのんびり走りたかったのです。


途中膝が痛くなることも、息が上がることもなく、立ち止まりたいとも思わず、無事に教室につきました。午後の日差しが結構強かったのでしっかりと汗をかきました。運動したな、って感じの軽い疲労感はありましたが、その後の教室に影響するほどではありませんでした。


1回目はとりあえず成功でした。太極拳で足腰がきちんと鍛えられていたからだと思いますが、膝も腰も全く問題なかったです。ちょっとしたら力が抜けた状態で、どこに力をかけたら良いのかを自然と掴めていたのかもしれないです。その分楽に走れた気がします。


以前、本格的に走るのをやめた後、半年ぶりに走ったりすると、膝が痛くなったのを覚えています。もう10年以上も前のことです。10年歳を取った後、本当に長いブランクの後でも全く膝に問題が生じなかったのはちょっと驚きました。


できるだけ毎日、無理をしない程度に続けていければと思っています。現在、何曜日のどのタイミングで走るのが良いのかを検討中です。



これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします



閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page