top of page

久しぶりのジョギング

早いもので、ジョギングをしないことを宣言してから2ヶ月半。



このところ、ストレッチと年末に練習を休んだおかげで、膝も股関節もぼちぼち調子が良くなってきました。ふと、久しぶりに走ってみたくなりました。


家の周りを軽く走れば良いのに、なぜか3キロ強先の教室まで走ることにしてしまいました。


とにかく無理をしない、スピードを上げない、とそれだけを心に決めて走り始めました。前回走った後、膝の痛みがなかなか引かずに、太極拳の練習にも影響が出ました。それを繰り返すほどのバカにはなりたくありません。


走り始めて、すぐに身体が重く感じました。一時帰国中に食べ過ぎたのが原因でしょうか。でも、シンガポールには体重計を置いていないので、本当のところは分かりません。


途中、少し息が苦しくなって、スピードが出過ぎていそうだったので、何度も、「ゆっくり走る、ゆっくり走る」と心の中で呟きました。


私のゆっくり走るのペースは、1キロ9分。きちんとできれば息が上がらないペースです。このペースで走っていても、走っていると気持ちよくなってきて、最後の方でペースが上がりがちなのですが、それもしないように気をつけています。



走り終えた結果、やっぱり少し速かったです。1キロのペースで30秒の違いって、見た目以上に大きいものです。


筋肉痛はその日のうちに来ました。これは嬉しいこと。短い距離とはいえ、身体をしっかり使ったので、この日の夜の教室は教えるのがちょっとしんどかったです。


翌日、右の股関節に軽い痛みがありました。しっかりストレッチとマッサージをして様子を見ていますが、それほど大ごとではなさそうです。


このペースであれば、無理をしなければ続けられそうな気がしています。まずは週一度ぐらいでしばらくやってみようと思っています。


太極拳で足腰はしっかり鍛えているつもりではいますが、走るのに使う筋肉はやはり違います。両方やると、さらに足腰が安定しそうです。さらに、太極拳では鍛えられない心肺機能の向上もはかれます。



これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします



閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page