top of page

ホームページの変更

右膝の痛みは随分と減ってきてはいるのです、完治までにはまだもう少しという感じです。


昨日は、練習を完全にお休みにして、生徒さん募集のためのホームページ改修に1日使いました。この手の作業、一度始めるとのめり込んでしまって、とことんやってしまう傾向があります。朝から夕方までフルに時間を使いました。


ホームページを更新更新する度に思う事ですが、ホームページは技術ではなく、コンテンツが重要だと感じます。数日前から、どんなことを書いたら良いかはノートに落書きをしながら練ってきました。昨日の作業は、これらをどう配置するか、どう見せるかに終始できたので1日で片付きました。


ご興味のある方は、下記のリンクから、「どんなふうに学ぶのか」をご覧ください。文章がちょっと長いですが、学ぶプロセスがそれだけ長きにわたるということでご容赦いただければと思います。将来的には、間に写真を入れたりして、興味を持ち続けていただけるようにしたいと思っています。



この内容を元に、生徒さんの募集を今月末を目標にかけて初めていきたいと思っています。そのためのページも作る予定です。


昨晩、出来上がった後に、友人数人にコメントをもらうために診てもらいました。早速返事をくれた方々、本当にありがとうございます。全てには対応しきれませんでしたが、早速いくつかの修正を行いました。


本当にかっこよく作るためには、この辺りから専門家を交えて、行ったほうが良いのかもしれません。でも、できるところまでは多少みっともなくても自分でやっていこうと思います。


ホームページをご覧になって、何か感想がありましたら、是非お寄せください。よろしくお願いします。




これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします



閲覧数:22回2件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page