top of page

ファーストエイド更新講習

このブログからまた2年たちました。



自分で教室を開く準備を始めて、ファーストエイドっていうものに対しての思いが少し変化しました。今までは学校に言われたからやっているだけでしたが、実際に自分の教室で何かあった時、例えば肉離れを起こしたとか、急に気を失ってしまったとか、そんなときに運営者である私が冷静にやるべきことをやるように訓練されていることは大切だなと思うようになりました。


例えば足首をくじいた時は、RICEという頭文字で対応をするようにと習います。Rest、休ませること、Ice、アイシングをして患部を冷やすこと、でも20分以上は行わないこと、Compression、患部を固定し、圧力をかけることで、腫れをやわらげること、Elevate、けがをした部分を心臓よりも高くし、腫れが起きることを抑えること、だそうです。こんな知識があるだけでも、とっさに行う対応が随分と変わる気がします。


生徒さんが教室で怪我をすることは起きないに越したことはありません。そのために準備運動をしっかりして、常に怪我の兆候がないかを監視し続けることは必要です。でも、万が一起きてしまったときに、きちんと対応できるとその教室に対する信頼が増すことにつながるんだと思います。


とはいえ、2年に一度、1日半程度の講習会で実際に対処できる度胸が付くかというとかなり微妙だと思います。


今年の5月に日本に一時帰国した際、夕餉を囲んでいるときに、父親が喉に肉を詰まらせました。激しく咳きこんでいて自分で吐き出してくれたので何も起きませんでしたが、とっさに身体をうごかして対処することはできませんでした。喉にものが詰まった時の対応は講習でならっていたのに。。。。


ちょっとウェブで調べてみたら日本でもいろいろな講習会があるようです。日本に戻った時には、単に習うだけではなく、必要な時には使えるような訓練を受けたいと思います。そのためには、2年に一度ではだめで、少なくとも半年に一度ぐらい、自分の知識と技術が大丈夫かを確認できればと思っています。


単に太極拳を教えるだけでなく、自分たちが住んでいるコミュニティの一部として多くの人に安心して、楽しく通っていいただける教室にするためには、まだまだやらなければいけない準備はたくさんありそうです。




これからもいろいろな話題を紹介していきます。最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします




閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page