top of page

パーソナル・トレーニング

うちの教室で予約をしたパーソナル・トレーニングの参加者が急遽参加できなくなったので、代わりに受けてきました。時間は、1時間。マンツーマンでトレーニングを受けました。トレーニングといっても、激しいトレーニングをやったわけではなく、ストレッチを中心に診てもらいました。


ストレッチは、ここ2年ぐらい毎日のようにやっていて、昔に比べるとずいぶん体も柔らかくなりました。まだまだ柔らかいと誇れるレベルでは全くありませんが。


普段、自分でストレチをやる時には、動きをあまり伴わない、静的なものを行うことが多いです。これまできちんと習ったことがあるわけではなく、Youtubeなんかの動画を見よう見まねでやってきました。動的なストレッチは学びきれないと思って諦めていた節があります。普段太極拳を教えている中で、動きのあるものはビデオでは学びきれないとどこかで思っているのだと思います。


まだまだ前腿とハムストリングが硬く、その辺りを中心とした動的ストレッチをかなりやりました。普段やったことがない動きなので、気持ちよかったです。なるほど、こうやったら良いのか、って学べたことも多いです。これからのストレッチに取り込んでいきたいです。


またパーソナル・トレーニングを受けて、もっといろいろなことを学べたらなぁ、って思いもありますが、ネックになりそうなのは、値段と時間です。太極拳の練習だけでもアップアップなのに、これ以上やることを増やしたら、ますます時間のやりくりがキツくなります。


マンツーマンでしっかり教えてくれて、体にも良い影響があるのは間違いないのですが、自分で毎回お金を捻出するとなると、ちょっと厳しい感じです。相場では、1時間、1万円から2万円ぐらいのイメージでしょうか。


今回の経験のおかげで気づけたこともあります。現在私が教えているシンガポールの教室では、個人レッスンは、1時間、1万2千円から2万円ぐらいの間です。うちの学校では、パーソナル・トレーニングの相場に準えて設定しているようです。他の太極拳教室の個人レッスンの値段を調べたことがないのではっきりとはいえませんが、少し高めな設定な気がしています。この金額だと、個人レッスンを受ける人は、それなりに裕福な人に限られてしまいます。


広く、いろいろな人に受けてもらおうと思ったら、こんな金額設定では難しいでしょう。前にブログで書いたことがありましたが、個人レッスンは、お賽銭方式にしたい、と考えてしまう理由がここにあります。やる気のある人には、積極的に個人レッスンでも受け欲しい。自分の経済状況が許す範囲と満足度に応じて支払いはしてくれれば良い、ってうまくいったら非常に良いシステムだと思っています。


お布施に近い考え方でもありますね。太極拳教室でこんな方法が受け入れられるのかどうかはわかりませんが、一度は挑戦してみたいと思います。入り口にお賽銭箱を置いて、レッスンが終わった後に、入れてもらう。もちろん私から見えないところにお賽銭箱を置きます。お賽銭箱を開けるのは、半年に一度でしょうか。そのぐらいの頻度にすれば、誰がどれくらいの金額を入れたかわからないでしょう。


グループレッスンで生活に困らないくらいの収入が入るようになったら、導入を是非検討したいです。






 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:

 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2024年4月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page