top of page

ダイエット1日目

早速断食ダイエットを初めてみました。昨日は、朝7時30分から朝食を食べて、夕方5時30分に晩御飯を終えることにしました。14時間の断食になります。本来の時間よりも2時間足りないけど、ハードルを低くしてでもとりあえず始めることにしました。ブログを書いている今も、本日の断食は続いています。朝7時30分までは何も食べない予定です。そういった意味では、ダイエット初日はまだ継続中です。



(イラストは、このダイエットのイメージです。私の実際の生活時間とは異なります)


このダイエット法は、食べて良い時間には何を食べても良いとされています。空腹の時間をきちんと作ることで、消化器官を休めて、身体の自浄作用を活性化させることが目的です。体重が落ちてくれるのは、私にとっては副産物だと考えています。


ただ、目標とされる16時間よりも短めで始めるので、食べて良い時間もあまり食べ過ぎず、お腹の声を聞きながら食事をするようにしました。


日中は特に何の変化もありませんでした。普段から夜教室のある日は教室に行く前に晩御飯を済ませるので、夕方5時30分までに晩御飯を終えるのも苦ではありません。教室に行ってから、果物だとかお菓子だとかを勧められるので、それを断りさえすれば大丈夫でした。


普段からやっていることなので、夜の教室の際にお腹が空いて困るということもありませんでした。


一番大きかったのは、帰宅してから食べないことです。食べないので、飲まない。そう、ビールです。普段は節酒、禁酒の誓いを立てても、やっぱり飲みたいなぁ、という思いが沸々と出てきてしまうのですが、昨日はお酒がメインではなく、身体をきれいにするためのダイエットの一環ということで、飲みたいという気持ちも湧いてきませんでした。


お酒は、心をリラックスさせる効果があると勝手に思っているので、今まではなかなかコントロールすることができませんでした。辞めるとメリットが失われてしまう、という発想ですね。身体をきれいにするために特定の日は飲まない、というのは積極的に辞める理由になるので、うまく行くかもしれません。しかも、ずっと飲まないわけではなく、「飲酒日」はありますし。


帰宅してからの晩酌をしなかったので、その分、昨日教室で師匠が教えていた内容のメモを作ったり、日記をきちんと書いたりと就寝前に普段やらないこともできました。


夜中、お腹が空いて眠れない、ということもなかったです。ぐっすりとは寝られませんでしたが。ブログを書いている今も、お腹は空いていますが、我慢をしなければいけない、というほどではありません。


身体を使っている割には睡眠の質はまだまだよろしくないです。ダイエットが軌道に乗ったら、次のターゲットは睡眠の質の改善が必要のようです。寝る前に冷たいビールを飲まないのはすでに改善のための第一歩だと思います。そのほか、どんなことをすれば良いのかは、ぼちぼちと考えます。


何かお勧めがあれば、ぜひご教授ください。



これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします



閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page