top of page

シンガポールの新年

新年も明け、昨日からグループレッスンが再開されました。シンガポールでは、1月1日は旗日ですが、2日から通常営業です。そもそも、日本みたいにカレンダーに従ってしっかりと正月休みがある国って他にあるのかなぁ、って思っています。


きちんと調べていないので確実なことは言えませんが、少なくとも東南アジアの国ではなさそうです。宗教や民族によって新年を祝う時期が異なります。


シンガポールの場合は、中華系の人の割合が多いので、旧正月を盛大に祝います。祭日も2日割り当てられています。中華街の飾り付けも華やかで、人手も多いです。


色々な民族が寄り集まっているこの国では、この他にも新年のお祝いとされる祭日がいくつかあります。


まずは、イスラム教徒。この人たちの信念は、いわゆる断食月、ラマダン明けの日を指します。シンガポールでも、祭日が1日当てられています。


それからインド系の人たち。この人たちは、ディパバリと呼ばれるヒンズー教徒のお祭りを新年として祝します。この日も祭日が1日当てられます。


人口に占める割合はそれほど多くはありませんが、タイ人の正月はソンクラーンと呼ばれる水かけ祭りの時期を正月として扱うようです。ちょうどこの時期に、仏陀の生誕日があって、シンガポールではその日が祭日に当てられています。


多民族国家なので、色々な新年がありますが、きちんと祝うのは、自分が所属している文化のものだけで、それ以外は、単なるお休みとして扱われています。


なので、日本では厳かに祝う元日も、多くのシンガポール人にとっては、単なる祭日でしかありません。昨日から始まった、グループレッスンは、病欠の人を数人除いて、かなりの人数が参加しました。繰り返しになりますが、参加人数が多いのは、年明けの初レッスンだったからではなく、普通の日と変わらないためです。


私は、今回の正月、何をするでもなく、自宅で過ごし、夜は中華街に繰り出して、ビールを飲みながらご飯を食べました。来年からは、自分の文化に戻って、きちんと正月を迎えます。久しぶりなので、ちょっと楽しみです。




 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:

 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2024年4月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page